千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
避難者の想いや課題@福島原発事故
福島原発事故から6年が過ぎました。

しかし、未だふるさとの福島に帰還することができない避難者がいます。

そして、千葉市内には、避難者を支援している団体もあります。

市民ネットワークみはまの 政治カフェ では、千葉から想う ふるさと福島 と題して、避難者の方、支援者の方からお話しを伺いました。

政治カフェチラシ

資料です。

福島原発避難についての資料

・ 東京都や埼玉県と違って、千葉県は津波の被害があったため、行政の支援が遅れた。そのため、民間のいろいろな団体が支援に関わるようになった。
・ 当初は県立高校への編入等、千葉に住民票がないからとさせてもらえないこともあったが、時間が経つにつれて、要望が受け入れてもらえるようになり、体制が整備されてきた。
・ 転居したり、帰還したりして避難者の数が減っていることと、特に子育て世代は新しい生活を軌道にのせるのに忙しく、避難者同士はつながりを持つことが難しくなっている。
・ 支援団体は相互につながりを持ち、月1回ニュースレターを発行している。→ 縁joy東北~エンジョイ東北 
・ たくさんの人たちに現状を知ってもらいたい。また、困っている人が身近にいたら、ぜひとも支援団体に連絡をとって欲しい。

などの想いや課題が出されました。

福島で起きたことを忘れないこと

避難者に寄り添うこと

支援のあり方を一緒に考えていくこと


を学びました。

千葉県内の相談窓口です。 →  福島県県外避難者相談センターちば

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG