千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
こどもの日にあたっての決意
今日は こどもの日 です。

子どもの数は過去最低とのこと。

人口に占める子どもの割合も年々減少していますが、どれだけ子育て支援をしても、子育てしづらい社会 が続けば、この状況は変わりません。

ーーー

今の祖父母世代は、子どもが生まれたら母親が仕事を辞めて子育てをする時代でした。

子育ては「家庭」の仕事でした。

「公園」さえあれば、保育園も子育て支援施設も、自治体が慌てて整備する必要はなかったのです。

ーーー

今の親世代は、子どもが生まれても仕事も子育てもすると考える時代です。

子育ては「社会」の中で分担して行う仕事になりました。

しかし、施設の整備が追いつかず、保育園の入所も含めて、子育てと仕事の両立は難しいのが現状です。

結果、子育てのマイナスイメージが払拭できず、子どもを諦めることにもつながります。

ーーー

予算を回すといった小手先の子育て支援だけではなく、人々の意識も含めて 子育てしづらい社会の改革 が必要です。

市民ネットワークちばが27年前のスタート当初から主張している 子育ては社会の仕事 を推進するため、さらなる努力を重ねていきます。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG