千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
朝鮮学校への補助金ではなく交流事業への補助金
先日、市民の方から 千葉市は朝鮮学校へ補助金を出しているんですか? との質問がありました。

私は いいえ、朝鮮学校への補助金は出していません。朝鮮学校と地元の学校が交流をするのに、会場を借りる費用を補助しています。 と答えました。

これは 外国人学校地域交流事業補助金 と呼ばれるもので、千葉朝鮮初中級学校(花見川区)の児童生徒と地域の小中学生が美術展や芸術発表会などを通じて交流をするためのものです。→ 千葉市ホームページ・市民の声:朝鮮学校への補助金について

ーーーーー
昨日(5日)も、北朝鮮政府によって弾道ミサイルが発射され、日本海に落下したとの報道がありました。

平和を脅かす兵器の開発や使用は、いかなる国であっても、決して許されるべきではありません。

日本政府が国際社会と協調して、北朝鮮政府に対して制裁を強化することは、当然であると考えます。

しかし、現政権に問題があっても、いま日本に居住している韓国/朝鮮籍の人たちは、日本が朝鮮半島を統治していた36年(1910年ー1945年)の間に 日本人 としてやってきて、戦後、日本国籍を失ってからは 在日コリアン として残った人たちの子孫が多数をしめています。

戦争を機に、自分の意思とは関係なく国籍が変更され、日本に留まることになった在日コリアンの子孫にとっては、国籍が違っても 同じ日本社会で暮らす市民 です。

東京オリンピック・パラリンピックの会場にもなる千葉市は、今後 オリンピック憲章 にも謳われている 多様性のある社会 を創っていかなければなりません。

  (オリンピック憲章 2016年8月2日版 第1章2) 
  オリンピック・ムーブメントに影響を及ぼす、 いかなる形態の差別にも反対し、 行動する。

朝鮮学校と地域との交流事業が、そのステップとなることを確信しています。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG