千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
自転車のヘルメット
米国・ニューヨーク州では、13歳以下の子どもが自転車に乗る際、ヘルメット着用が 義務づけ られています。

頭部の怪我を防き、安全を守るのに、ヘルメットは必需品と考えられているからです。

子どもがヘルメットを着用していなかったら、保護者に約5000円の罰金が科されます。

そのため、米国在住時、我が家では子ども達の自転車を買うたびに、ヘルメットも併せて購入していました。

  #  自転車売り場では、子ども向けのカラフルなヘルメットがたくさん売られていた。

ーーーーー

先の議会で 千葉市自転車を活用したまちづくり条例 が制定されました。

市ではこれまでにも、

・ ちばチャリ・すいすいプラン → 自転車走行環境に関する取組み  ~ ちばチャリ ~
・ 千葉市自転車を活用したまちづくり基本方針 → 自転車を活用したまちづくり
・ 市民シンクタンクによる政策提言 → 政策提言報告会@千葉市まちづくり未来研究所

に取り組んできましたが、今回の条例では

1 利用環境の整備 (自転車レーンや駐輪場の設置など) → 2種類の自転車レーン
2 交通安全の確保 (安全教育や保険加入など) → ルールやマナーの問題@自転車によるまちづくり
3 活用と利用促進 (里山サイクリングやスポーツなど) → グリーンツーリズム@若葉区 

といった まちづくり施策の基本的な事項 が定められました。

2 交通安全の確保 では、国の法律よりも一歩進んで、「全世代 を対象に 乗車用ヘルメットを着用する よう努める」 との規定を設けました。

ただし、努める=罰則はない ので、実際に守られるかどうかはわかりません。

  # 髪が乱れる、ヘルメットを持ち運ぶのは面倒 などの意見が続発中

条例は、周知期間を経て、今年7月から施行予定です。

安全確保の観点から、サイクルスポーツ向けのヘルメットに加えて、タウン向け、ビジネス向けのヘルメットが普及すれば、条例の趣旨が活きると考えます。

Chiba の文字でできた ちばチャリ のマーク>

ちばちゃりのマーク

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG