千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
【放射能汚染ごみ処分場問題】 汚染土の再利用に向けた実証実験
福島の原発事故で発生した 指定廃棄物 (=1キログラムあたり8000ベクレルを超え、10万ベクレル程度の放射能を含んだごみ)ですが、昨年夏、千葉市では保管中のものがすべて8000ベクレルを下回ったことから、環境省により 指定が解除 されました。→ 【放射能汚染ごみ処分場問題】 再測定で指定基準を下回る

これで通常の 廃棄物 となりましたが、千葉市ではその後もずっと、清掃工場から動かすことなく閉じ込めて管理しています。

しかし、環境省は、指定解除された廃棄物を舗装用のコンクリートにまぜるなど、公共事業で再利用 する方針を昨年6月に発表しており、このほど福島県で実証実験が行われることになりました。

   #  再利用できれば、国として管理する量を減らすことができ、コストの削減にはなりますが、汚染が全国にばらまかれてしまいます!

ところが、再利用は指定解除にあたる8000ベクレルを上限値としながら、実験では3000ベクレルまでしか使われないことが報道されました。→ 毎日新聞・汚染土再利用 実証実験3000ベクレル以下、疑問視も

これは、実験を行う南相馬市の強い反発を受けてとのこと。

しかし、専門家は「8000ベクレルでの影響を測定しなければ実験の意味は無いにひとしい」と疑問視しています。

   #  「実験しました」というアリバイづくり?

指定廃棄物については、千葉市での動きが一段落し、市議会で取り上げられることもなくなりましたが、市民ネットワークとして引き続き、国の動きに注目していきます。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG