千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
日本国憲法が生まれたころ@みはま憲法カフェ
市民ネットワークみはま では、定期的に事務所で みはま憲法カフェ を開催しています。

日本国憲法がどのような社会背景から誕生したのか、そしてこれからどこへ向かっていくのか、参加者で読書会をしながら学んでいます

通常 30分 ですが、本日は時間を拡大して 1時間30分 行いました。→ 「憲法カフェ」に参加してみませんか?@美浜区真砂

そして今回は、戦後すぐ学校で 『あたらしい憲法のはなし』 をつかって日本国憲法を学んだ方にゲストスピーカーとして参加していただきました。1934年生まれの美浜区幸町在住の方です。

『あたらしい憲法のはなし』 は1947年に文部省が出した社会科の教科書で、民主主義や憲法第九条の理念を教育を通じて広めようとしたものです。当時は、第九条をもった日本国憲法こそ世界に誇れるものであり、主権者は天皇ではなく、国民にあることが画期的なこととされました。

ゲストの方は、戦後すぐ、前文から最後までしっかりと日本国憲法を学んたそうです。

「その後いままでの人生で、約70年間憲法とどのように向き合ってきたのですか?」との参加者の質問にも

・ 人権を守ること
・ 憲法の規定を本気で守ること

が日本国憲法の学習で培われ、その理念を貫いてきたとのことでした。

私たちも当時の子どもたちと同じように、日本国憲法の理念や条文を学び、国民主権や平和の尊さをしっかりと理解し、次の世代にも継承していかなければと感じます。


(写真)ゲストスピーカーの方が、当時の資料を今も大切に保管されていました。
   <左> あたらしい憲法のはなし(子ども向け)
   <中央>  新しい憲法 明るい生活(おとな向け)
   <右> 憲法公布時の記念乗車券

当時の資料

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG