千葉市議会議員(美浜区選出・2期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
足元から平和を創りたい
磯辺にお住まいの方から新聞記事のコピーを頂きました。2014年7月の記事です。

作家・作詞家のなかにし礼さんの詩「平和の申し子たちへ! 泣きながら抵抗を始めよう」が載っています。昨年7月1日、集団的自衛権の行使容認が閣議決定された時に書かれた詩です。 

なかにしさん自身、当初は「今回の閣議決定で一番影響を受けるのは若者たち。だから、目覚めよ、生まれ変わって抵抗を始めよう」と呼びかける内容の詩にする予定だったそうです。

ところが、「戦争を知らず、平和を満喫してきた世代こそが平和を守ることができる。戦争体験者は、戦争なんか無理と思う若者がいることを心強く思う」とひらめき、説教めいたメッセージを削ったそうです。

なかにしさん朗読の詩をお聞きください。(2分すぎから朗読がスタートします)



この詩にとても心を動かされました。

第二次世界大戦の終結から70年。戦争体験者が少なくなる中で、思想信条の枠を超えて、悲惨な体験を次の世代に伝えたいと声をあげる動きが相次いでいます。各地で活動する「9条の会」もその1つです。

国と国とが国益をめぐって反発し合っても、市井の人同士が反発しているわけではありません。日本人は世界各国の料理を食べ、異文化を楽しみながら日々暮らしています。個人レベルでは平和を志向しています。

・ 明日食べるもののことを心配しなくてもよい平和
・ 一週間先に自分は生きていられるかと考えなくてもよい平和
・ 安心してまちを歩ける平和
・ 学校教育を受ける権利が保障されている平和
など

海外では当たり前でないことが、今の日本では実現できています。先人の努力の賜物です。

足元から平和を創ることによって、それぞれの地域・自治体・国・世界で広く平和を実現させたい。
私自身も、微力ながら努力を積み重ねていきたいと考えています。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG