千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
古い建物をバリアフリーに@ウイーン大学
日本ではクリスマスが終わると、街の雰囲気は お正月 になりますが、滞在中の ウイーン では クリスマスの余韻 があちらこちらに残っています。→ ウイーンのアパート(民泊)に到着

ウイーン大学へ行きました。

正面入口にも、大きなツリー(生木)が飾ってあります。

2016122902.jpg


さらに進むと ウエルカムボード が壁にありました。

ウイーン大学構内

警備員さんはいますが、旅行者でも構内を自由に見学できました。

この建物ですが、ハプスブルク家がオーストリアを支配していた19世紀後半に建てられたため、正面にはハプスブルク家の家紋が掲げられています。

  #  日本は明治時代が始まった頃!

今でも大学のキャンパスとして日常的に使われています。

高い天井と長い廊下が続き、両側に教室が並んでいます。

ウイーン大学構内

そして、古い建物を現在の仕様に改修して、そのまま使っています。

後からつけられた 車椅子用トイレ と エレベーター の表示

車椅子とエレベーターの表示

日本の建物は、費用面でも 後からバリアフリー対応にするのは難しい とよく言われます。

建物をそのまま生かしながら、同時に何とか今の仕様を取り入れられないかと、ウイーン大学での取り組みを見て考えてしまいました。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG