千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
オリンピック・パラリンピック競技の体験イベント
2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、

・ オリンピック3競技 (レスリング、テコンドー、フェンシング
・ パラリンピック4競技 (ゴールボール、テコンドー、車いすフェンシング、シッティングバレーボール

の計7競技が幕張メッセで開催される予定です。

先日受講した千葉県の通訳ボランティア養成講座で まずはどんな競技かを知ることが大切 とのアドバイスを受けました。→ これからどう変わるか?@海浜幕張

そこで、幕張のイオンモールで開催された テコンドー の体験イベントに行ってみました。

モール1階のイベントスペースを利用しています。脇に大きな白いクリスマスツリーも飾られています。

イオンモールの体験会

テコンドーの本場は韓国で、ソウルオリンピックで公開競技となり、その後、正式種目になりました。

多彩な足の技で頭(ヘッドギア)と胴(プロテクター)に蹴りを決めると、センサーが作動してポイントが加算されます。

2分で1ラウンド、トータル3ラウンドの得点で勝敗が決定します。

  #  足を頭の位置まであげるために、柔軟性も必要! 

イベントでは 足で板を割る ことで、蹴りの基本を体験していました。

板割り体験

ちなみに、パラリンピック競技のテコンドーは、頭への蹴りはなく、胴のみの攻撃になるそうです。

今後の体験会はホームページなどで広報されます。 → 千葉県ホームページ・東京オリンピック・パラリンピック

まずは競技を知ることからはじめませんか?

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG