千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
国民皆保険をどのように維持するか?
米国には オペレーション と呼ばれる子ども向けのボードゲームがあります。

ピンセットのようなもので、体の悪い部位を巧みに取り出すと、その分だけ点数(手術費用)がもらえる仕組みです。

オペレーション

子どもの目と手の一体的な動きを養う 目的で古くから売られているゲームで、米国在住時に購入し、子どもと一緒に何度かトライしていました。

しかし、日本では売れないゲーム だと思っていました。 

難しい手術を受けることができる人は お金のある人 や 高い保険料を払って高額医療の給付を受けられる人 なのです。

国民がすべてがいずれかの健康保険制度に加入し、保険で手術を受けることができる日本と米国では状況が違います。

もう20年も経ってしまいましたが、ゲームをしながら、安心して病院にかかることができる日本の 国民皆保険制度 のありがたさをしみじみと感じていました。

ーーーーー

9月9日(金)に千葉市議会の常任委員会が開催されました。→ 委員会の傍聴は面白い!

今年度は、保健消防委員会に所属しています。

国民健康保険事業についての議案 (都道府県広域化に向けてシステム改修の補正予算) を審議しました。

国民健康保険は、職場や他の公的保険に加入していない人たちがすべて加入できる保険ですが、現役世代が多い職場の保険に比べて、年齢構成が高く、医療費水準が高く、保険料負担が重いという構造的な問題を抱えています。

千葉市でも、社会保障の観点から保険料の急激な値上げはせず、一般会計から毎年補填している状況ですが、2年後に都道府県広域化がスタートすることによって、千葉県から標準保険料率が示され、保険料の値上げが避けられない状況になりつつあります。

保険料が払えない世帯が増え、無保険の人たちが増えてしまえば、国民皆保険の原則は崩れて しまいます。

安心して(?)病気になることもできません。

米国の実情を念頭に置きながら、国民皆保険を維持可能な制度にするにはどうすればよいか、市民のみなさんと考えていきたいと思います。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG