千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
【放射能汚染ごみ処分場問題】 再測定で指定基準を下回る
福島の原発事故で発生した 指定廃棄物 (=1キログラムあたり8000ベクレルを超え、10万ベクレル程度の放射能を含んだごみ)ですが、4月に環境省による指定廃棄物の、指定解除 (=環境大臣による指定の取り消し) ルールが定められました。

これを受けて、千葉市は保管する指定廃棄物の 早期指定解除 に向け、5月17日から環境省と事前協議を始めました。その後、測定方法などがまとまり、6月20日、放射性物質の濃度の再測定 がおこなわれました。 → 【放射能汚染ごみ処分場問題】 指定廃棄物の濃度再測定

その結果が、昨日(6月24日・金曜日)発表されました。

ばいじん(焼却灰を集めたもの・6袋) の 放射能濃度 は 4,020ベクレル/キログラム
ゼオライト(放射性物質の吸着材・8袋) の 放射能濃度 は 6,100ベクレル/キログラム

となり、7.7トンすべてが、指定基準 (8,000ベクレル/キログラム)を下回る 結果となりました。

千葉市では、指定廃棄物の指定取り消しの申出書を、来週中をメドに環境省に提出する予定です。

  #  指定廃棄物がない自治体に処分場をつくる根拠がなくなりました。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG