千葉市議会議員(美浜区選出・2期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
知ってよかった エネルギーの話し
市民ネットワークは安心・安全な暮らしを続けるため、核のゴミを出さない 脱原発社会 への取り組みを続けています。 

しかし 原発がないと今のような快適な生活が続けられないのでは? との意見が寄せられることもあります。

そこで、国が取り組むべき施策について、衆議院議員 田嶋要 さん、元参議院議員 大河原まさこさん をゲストに もっと知りたい エネルギーの話し と題する学習会をおこないました。→ 学習会「エネルギーの話し」@生涯学習センター 5月27日(金)19時から

<衆議院議員 田嶋要さん>

たじまかなめさん

原発に替わるエネルギーとして、世界各地で 自然エネルギー を導入する動きが加速していますが、先月(4月28日)、民進党は 4つのエネルギー法案 を提出しました。

<法案 その1>
太陽光発電、風力発電、木質チップによるバイオマス発電などによってエネルギーを作り、それを地域で使うしくみ (= エネルギーの地産地消) に補助金を支給する。エネルギーだけでなく、地域での雇用も創りだす。

<法案 その2>
捨てられている 熱エネルギー (地熱、工場などの廃熱)を有効利用できるよう、施策に位置づける。

<法案 その3>
国や自治体などの公共施設に 自然エネルギーを導入 することと、断熱材や二重窓の利用など 省エネルギーを義務化 することによって、省エネ社会の実現をすすめる。

<法案 その4>
地域住民や小規模事業者が出資をし、エネルギーを地域でつくり、共同で購入し、地域で販売することができる 自発的なエネルギー協同組合の設立 を後押しする。

詳細は → 分散型エネルギー社会推進4法案を衆院に提出(民進党ニュース)

ーーーー
自然エネルギーの技術はこの20年間で飛躍的に進歩し、ドイツでは 小規模な生産者がつくる再生可能エネルギーの割合が増え続け ています。現在では約25%に達するそうです。

同時に、石炭火力と原子力で発電している大手電力会社の 株価は低下 し続けているとのこと。

従来型のエネルギー構成の 将来性 に疑問を投げかける結果となっています。

   # 日本はこれから石炭火力を導入しようとしています。 → 環境アセスメントに必要な項目は?@市原石炭火力発電所

現在、世界でもっとも再生可能エネルギーの導入が進んでいるのは 中国 で、世界的な視野で、今後のエネルギー戦略を構築していると考えられます。

   # 日本はこれから原発を輸出しようとしています。現政権がすすめる国家戦略は、本当に日本の将来に資するものでしょうか? 

今回提出された法案は、審議する委員会も決まらず、国会で討議されることもなく終わってしまうそうです。

・ 安心・安全な暮らしがしたい
・ 地産地消の社会をつくりたい
・ 政情やグローバル経済に左右されないエネルギー源の確保をすすめたい

などの市民の世論が無視できないほどになれば、国会での審議が始まります。

エネルギー法案を国会で法律にできるよう、選挙でしっかりと 私たちの代表 を選ぶ必要を感じます。

<右端 前参議院議員 大河原まさこさん、左端 参議院議員 小西ひろゆきさん>

こにしひろゆきさんとおおかわらまさこさん

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG