千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
防災に役立つ乳児用ミルク
米国で子どもたちを育てていたとき、停電や大雪に備えて、買っていた乳児用ミルクがありました。

水を加えずに、そのまま飲ませることができる液体ミルクです。常温で与えます。

米国のスーパーマーケットの棚に並べられているミルク 
READY TO USE (そのまま飲ませる)と表示されている

すぐ飲める乳児用ミルク

吸い口さえつければ、いつでもどこでもミルクがあげられます。

普段は母乳だったので、このミルクを使う機会はほとんどなかったのですが、万が一の備えとして、持っていれば安心できました。

普通の食事が取れない乳児にとって、ミルクは重要です。完全母乳で育てていても、災害のストレスなどで母乳が出なくなってしまうことも起こりえます。また、災害時にきれいな水を確保するのは大変です。

事あるごとにこのミルクのことを言い続けているのですが、20年近く経った今でも日本では普及していません。

今日、ようやくその理由がわかりました → 液体ミルク、なぜ国内ダメ?地震で注目、ネット署名急増

・ 国内では食品衛生法に液体ミルクについての規格基準がなく製造販売できない。
・ 厚生労働省の担当者は「液体は微生物が繁殖しやすく、常温保存なので一つ間違えば危険。安全性を慎重に検証する必要がある」と話す。
・ 国内の大手メーカーも「すぐに商品化するのは難しい」という。

なるほど、法の壁 と 安全性 が問題とのこと。

認可に向けて、署名も始まっています(change org) → おでかけにも備蓄にも使える便利な乳児用液体ミルクを、日本でも製造してください!

 # 私も署名しました。

赤ちゃんを育てるすべての人たちが安心できるよう、この取り組みを応援します!

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG