千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
国民投票に備えたい
衆議院選挙の投開票の結果、政権与党(自民党と公明党)が3分の2以上の議席を獲得することになりました。

「3分の2」が持つ意味は大きいです。これまで一度もなかった憲法改正の発議、そして国民投票の実施が現実味を帯びてきました。

国民投票については、今年6月に「憲法改正国民投票法」が公布・施行され、平成30年6月20日より後に実施される場合は投票権が18歳以上となりました。それまでに実施される場合は、20歳以上が対象です。

国民投票によって市民の政治参加を促し、民意を確認していくことは重要だと考えます。ただし、国民投票にあたって、国民に利点も欠点も含めて正確な情報が開示されること、マスコミもその情報をきちんと報道することが求められます。

今回の選挙で気になったのが投票率です。千葉市選挙管理委員会の情報によると、美浜区の投票率は57.95%。有権者100人のうち、58人が投票し、42人は棄権したことになります。

さまざまな事情で投票に行けなかった方もいるでしょう。でも「憲法改正」は「次の選挙でリベンジしよう」というレベルの話ではありません。国の今後のあり方に関わってくる重要な選択をすることです。

「国民投票」に備えるにはどうしたらいいか、地域政党とはいえ、市民ネットワークにも突きつけられた課題と考えています。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG