千葉市議会議員(美浜区選出・2期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
ペットを連れての避難の課題@市民と議員の意見交換会
昨日(10月28日)、市民ネットワーク主催の 市民と議員の意見交換会 が開催されました。

誰もが穏やかに過ごせる避難所学習会

誰もが穏やかに過ごせる避難所をめざして

のタイトルで、ペットを連れての避難のあり方をはじめ、さまざまな意見が寄せられました。

<意見>
・ 先回(9月・台風15号)は美浜区だけであったが、今回(10月・台風19号)はペットの同伴避難所が各区に開設された。しかし、自分の住んでいる区の避難所へ行くのか、区は違っても近くの避難所へ行ってよいのか情報がなかった → 【再び】ペットと一緒に避難できます(2019年10月12日ブログ)

・ ペットの同伴避難所がどのような形態になっているのか、何を持っていけばよいのか、ホームページの情報だけではよくわからなかった。

・ ツイッターをフォローしていなかったので、ペットの避難所が開設されたことを後で知った。情報伝達手段を考えて欲しい。

・ ペットにマイクロチップを入れることが義務化された(2019年6月法改正)が、これがあれば、災害時にペットとはぐれても必ず見つかるのか?
  → (ペット災害危機管理士さんのお話) マイクロチップの読み取りを行うリーダーは3種類あるが、今のところ互換性がない。公的機関だけでなく、ペットクリニックなどにもリーダーが置いてある。飼い主と出会えるかどうかは100%保障できないが、まったくないペットよりも探し出せる可能性は高い。

ーーーーー

ペット災害危機管理士さんによると、昨年の西日本豪雨災害では、ペットとの同伴避難によって、飼い主に笑顔 が生まれ、避難所全体の 雰囲気が和らぐ 結果となったそうです。

   #  誰もが穏やかに過ごせる避難所 です!

今回の検証も含めて、避難所のあり方について、今後、全国各地でさまざまな取り組みが進むことを期待しています。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG