千葉市議会議員(美浜区選出・2期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
ハンディキャップがあっても普通に暮らせる仕組み
この時期、さまざまな団体で 総会 が開かれます。活動を振り返ったり、計画を立てたり、役員の改選があったりと、次のステップに向けて、どの団体も作業に追われます。

先日、千葉市重症心身障害児(者)を守る会 の定期総会に出席させていただきました。親たちが中心となって全国各地で同様の活動がおこなわれていますが、千葉市の組織です。→ 全国重症心身障害児(者)を守る会

総会後、この4月に、千葉市で初めてオープンした重症心身障害者のグループホーム たんぽぽ を見学しました。

暖かい日差しが物干し場や各部屋にふりそそいでいます。

グループホーム

それぞれの入居者の支援計画に基づいて、訪問介護や医療が受けられます。ホーム内のお風呂です。

おふろ

介護と子育ては1人ではできません。

住み慣れた地域で、身近な支援を受けながら普通に暮らしていく仕組みが必要です。

たんぽぽ が種を飛ばして、各地に拡がっていくように、そして社会の中で理解が得られるように、今後も重症心身障害児(者)を守る会の支援を続けていきます!

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG