千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
ところ変われば法の解釈も変わる?
26日(日)投開票の統一地方選挙後半戦の手伝いに、他の自治体に足を運びました。

選挙ならどこでも同じ ではありません。

公職選挙法は等しく適用されているはずなのですが、不思議なことがたくさんあります。

  # それぞれの選挙管理委員会の解釈の違い?

1 候補者の名前の旗を掲げて選挙運動をしていた
公職選挙法では、本人のタスキ以外候補者の名前を出してはいけないはずなのですが、名前の旗をいくつもの自治体で見かけました。

2 駅前にテントを立てて、選挙事務所にしていた 
駅前の自転車置き場の一角に、運動会で使うようなテントが設置されていて、脇に巨大な「選挙事務所」の看板がありました。自転車置き場は、商業ビルの私有地で、候補者はそのビルのオーナー関係者とのこと。人が集まる場所に目立つ看板を置きたい気持ちはわかりますが、テントが事務所?

公職選挙法はいまだよくわからない法律です。


今後も、生活者の目線に立った人が政治に出て、身近な課題の解決に参画できるよう、支援を続けます!

選挙の様子

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG