千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
水道「民営化」でどうなる?
開会中の臨時国会で、改正水道法が可決・成立し、水道を民営化 するしくみが認められることになりました。

コンセッション方式 (Concession)とよばれるしくみで、自治体が水道施設の所有権を持ったまま、民間に運営権を渡すことができるものです。

自治体は財政負担がなくなるだけでなく、運営権の対価も得られ、メリットが大きいと考えられています。

水道事業は、

・ 設備や水道管の交換の必要性
・ 人口減少による水道使用量の減
・ 老朽化による維持管理のコスト増

などの理由で、どの自治体でも経営状況が悪化しています。

とくに人口減少が著しい地域では、この傾向が強く、国も法改正をおこなうことで、民営化の動きを後押ししようとしています。

ーーーーー

水道に先駆けてコンセッション方式を取り入れているのは、関西国際空港 ですが、9月の台風で冠水した際、空港内に多くの人が取り残され、問題となりました。

災害時 に、自治体直営であれば、迅速に対応できた可能性もあります。

民間の水道事業の場合、給水車の派遣や復旧作業などにすぐ対応できるか不安が残ります。

また、民間経営の場合、採算を確保するために、料金を値上げしたり、維持管理の手抜きをしたりなどのこともおこりえます。

会社が経営破たんしたらどうなるか? 水が供給されなくなったら? 不安は尽きません。

国や自治体にはメリットがあるしくみでも、何か問題が起きた場合、デメリットは水の利用者に押しつけられてしまいます。

ーーーーー

水道・下水道はこれまで、自治体でノウハウを築いてきた分野です。

これまでの各自治体での経験を受け継ぎつつ、現在抱える問題を解決するために、まずは水道事業の 経営基盤の安定化 から知恵を絞っていきたいと考えています。

ーーーーー

美浜区は 千葉県水道局 から水の供給を受けています。→ 飲み水はどこから?(2018年7月27日ブログ)

千葉県水道局キャラクターの ぽたりちゃん 
千葉県水道局ぽたりちゃん

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG