千葉市議会議員(美浜区選出・2期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
リタイア後の社会参加について
市民ネットワークみはまでは、市議会終了後に まちづくり通信 を年4回発行しています。

<表面> 地域での市民活動の紹介
<裏面> 市議会報告 

を掲載し、ボランティアの手でポスティングしたり、駅前やショッピングセンター前で配布したりしています。

まちづくり通信94号 について、質問を頂きました。→ 「市議会報告」ができました(2018年11月2日ブログ)

<質問>
「ハンディキャップがあっても、地域に居場所と出番がある社会をつくること」はわかりますが、「仕事からリタイアしても」はどんな意味ですか?
(赤線の部分)
     ↓
議会通信への質問

そこで次のような説明をしました。

<回答>
・ 仕事からリタイアされた方が、地域社会にデビューしてくださればと思うのですが、現実は一歩前に踏み出すことが難しく、家にこもってしまう方が増えています。
・ サークル活動でも、町内会活動でも、どんな活動でもよいので、その人らしく生きることができる居場所と出番があれば、もっと暮らしやすくなるのにと考えます。
・ これまでの貴重な社会経験を地域で活かせないのはもったいないです。

ーーーーー

ラジオを聴いていたら、「リタイアした人たちに必要なことは きょういく と きょうよう である」との話がありました。

  #  教育と教養??

よくよく聴いたら 今日「行く」ところがあること と 今日「用」があること でした。

リタイアした人たちが気後れせずに、スムーズに社会参加できる環境をつくっていかなければと考えています。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG