千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
家族信託のはなし@第11回「大人の学校」
10月31日(水)に 誰でも生徒、誰でも先生 の 大人の学校 が開催されました。→ 第11回「大人の学校」のお知らせ(2018年10月11日ブログ)

<1時間目>  
松井かよ子 から 千葉市のお金の使い方(2017年度決算) と 海辺 (稲毛海浜公園、幕張海浜公園) の改修工事 についてお話しました。

  #  ほかにもコミュニティバスや介護保険の課題について、ご意見をいただきました。ありがとうございます!  

<2時間目>  
司法書士の菊地先生 による 家族信託 の話です。

家族信託のパンフレット

認知症などでお金に関する判断が難しくなった高齢者については 通常、成年後見制度 を活用して後見人が財産管理をおこないます。

ただし、この制度は、財産を守る ことに主眼が置かれているため、合理的な理由 がなければ、支出が認められず、柔軟性に欠けるなどのデメリットがあります。

   例) お父さんがお金を負担し、毎年、家族全員におせち料理を振舞っていました。ところが、お父さんに成年後見人がついた途端、おせち料理への支出は難しくなってしまったそうです。各人が食べるものはそれぞれでお金を出せばよいとの理由です。

一方、最近登場した仕組みである 家族信託 は、財産の「名義」は信頼して指定された家族(受託者)にうつるものの、「権利」は所有者(受益者)に残り、高齢者の利益にかなうように財産の管理や処分をすることができるとのこと。

   例) お父さんがおせち料理を家族全員に振舞いたいと考えれば、受託者が受益者のために支出することができます。

「家族信託」が「成年後見制度」に代わる新たな方法として定着するかどうか?

今後の制度整備に注目していきたいと考えています。

ーーーーー

大人の学校、次回は 2019年1月 です。

  #  生徒も先生もいつでも募集中!

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG