千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
公職選挙法は新人に厳しい
政治活動や選挙運動に関する取り決めは、すべて公職選挙法で定められています。→ 選挙はいつですか?

「政治活動」の期間は、候補者個人の宣伝をすることができません。

政治活動の中で、「議会報告」を配布し、街頭で宣伝しながら、さりげなく「引き続きのご支援を」や「チャレンジします」などの言葉をつかって、立候補を表明します。

この時点で、議会報告を配布することができる現職議員は新人よりも有利になります。

また、組織がある新人も、前職の議会報告や政策チラシを利用することで、宣伝が可能です。

もっとも厳しいのは 無所属 新人 です。

告示日前に宣伝する手段がほとんど確保されていません。告示日に一斉スタートとはいっても、すでに現職に差をつけられています。意欲があり、能力が高い新人でも、無所属の場合は厳しい状況になります。

公職選挙法は 現職に有利、新人に不利 な法律です。

それゆえ、現職議員による改正は難しいのです。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG