千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
学校のエアコンとトイレの話
例年より早い梅雨明けで、猛暑の中、学校の授業を受ける子どもたちの体調が気がかりです。

最近の暑さは桁違いです。学習に適した環境のためにも、エアコンの設置 は不可欠です。

しかし、千葉市の小中学校の普通教室にはエアコンがありません。→ 学校にエアコンを導入する費用(2017年1月22日ブログ)

特別教室(音楽室、図書室、コンピューター室など)への設置が2020年までに完了の予定となっていますが…

  #  千葉市には公立小中学校が168校あるため、一斉設置が難しい状況です

ーーーーー

エアコンよりも優先度が高いとされているのが、トイレの改修 です。

和式から洋式トイレへの改修が進んでいますが、現在の様式化率は、小学校51.4%、中学校48.8%となっています。

学校は災害時には避難所になります。

「和式トイレのみ」では、高齢者や障がいのある人への対応ができません。

また、高度成長期に整備された校舎では、下水管に付着した汚れのため、 トイレが臭い の苦情が耐えません。

管の交換などへの対応もしていかなければなりません。

ーーーーー

市の限られた予算の中で、まずは日常的に使用する トイレの改修 を急ぐこと、そして、エアコン導入 についても、子どもたちの健康に配慮しながら、できるだけ早くすすめられるよう求めていきます。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG