千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
原発事故を考える@映画「太陽の蓋」
20日(土)に美浜文化ホールで 太陽の蓋 の自主上映会がありました。→ 映画・太陽の蓋

太陽の蓋チラシ

東日本大震災が発生した2011年3月11日からの5日間をえがいたドキュメンタリー映画です。

福島の原子力発電所事故をめぐって、

・ 首相官邸内で何が起こっていたのか? 
・ 福島の人たちはどうしていたのか?

当時の緊迫した状況が映像から伝わってきます。

ここで取り上げられた問題点ですが、

・ 原子炉を冷却するための電源がすべて失われ、爆発によって放射能が広範囲に拡散することになったこと
・ 電力会社からの連絡がダイレクトに首相官邸に届かず、官邸もテレビの映像で状況把握をしていたこと

あらかじめ事故が想定されていれば、これらの対策もおこなわれていたはずです。

日本の原発はチェルノブイリ(旧ソ連)と違って大丈夫 などの 安全神話 が備えを怠る結果となりました。

ーーーーー

事故から7年経ちましたが、いまだ故郷に帰れない人たちが各地で暮らしています。

原発周辺に住む人たちには当時正確な情報がなく、言われるがままに遠くへ遠くへと避難させられ、すぐに戻れるから は実現の見通しもありません。

私たちができることは

・ 被災者の思いや不安に寄り添っていくこと
・ 世間では華やかな話題で盛り上がっていても、決してこの事故を忘れないこと

過去に学び、未来を考えていく ことをこのドキュメンタリーから学びました。

ーーーーー

自主上映会ですが、映画を見た方から 「私も企画したい」 との声が寄せられているそうです。

今後、情報が入り次第、このブログでもお知らせします。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG