千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
教育予算は減りますか?
日本のこども(0歳から15歳未満)の数が 過去最低 になったとの報道がありました。→ 総務省統計局ホームページ

・ 2018年4月1日現在におけるこどもの数は、前年に比べ17万人少ない1553万人
・ 37年連続の減少となり、過去最低
・ こどもの割合は12.3%、44年連続の低下
・ こどもの数は東京都のみで増加

「こどもの数が減ったから、教育予算も減りますか?」  との質問を頂くことがあります。

確かに、こどもの数が減ればクラスは減りますが、教育予算はむしろ増えています。昔とは違う 機能 が学校に求められているのです。

千葉市の今年度予算で見ると

・ 学校施設の環境整備 13億7000万円
→ 学校は災害時、地域の避難所になります。耐震化や改修、トイレの洋式化などがすすめられています。

・ 小学校英語教育の充実 1億4000万円
→ 市立小学校の5・6年生に加え、3・4年生のクラスでも外国人による授業がスタートします。

・ スクールカウンセラー活用 1億1000万円
→ いじめや不登校などの相談や保護者に対する助言・援助を行うスクールカウンセラーが、すべての市立中学校と一部の小学校にいます。

学校はこどもや保護者だけのものではありません。

学齢期のこどもの有無に関わらず、住民が学校を活用し、学校を支援できるような地域づくり を推進していきたいと考えています。

ガラス張りの学校 打瀬地区の小学校です。

ガラス張りの学校

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG