千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
注意! ペダルとブレーキがない子ども用二輪車
先の議会で 子どもを事故から守る取り組み について質問しました。→ 千葉市議会会派・平成30年第1回定例会 一般質問 松井かよ子

質問に際しては、市民の ヒヤリハット体験 をまとめながら、同時に、市の消費生活センター、乳幼児健診、公園遊具、救急、病院などから話を聞きました。→ 子どもに関わるヒヤリハット体験(2018年2月6日ブログ)

病院 では、次のような話がありました。

「ペダルとブレーキがなく、足でキックして進む子ども用二輪車に乗っていて、頭に大怪我を負って搬送されてきた子がいた」

とのこと。家の近くに坂道があり、スピードがついたまま坂を下ったところ、正面の植木鉢に激突したそうです。

ーーーーー

3月中旬にこの二輪車のことが新聞に掲載されていました。→ 日本経済新聞 子供の「自転車デビュー」 ペダルなしから  地面蹴り走行 バランス感覚身につく

高洲コミュニティセンター入口付近に置かれていた二輪車

ペダルとブレーキがない自転車

自転車に乗るためのコツがつかみやすいとのことで、「ストライダー」は、2009年に輸入が始まってから、2017年2月までに国内販売台数が累計60万台を突破したそうです。

ただし 事故のことについて、この記事の中では触れられていません。

消費者庁からは2012年に 道路で走らない との注意喚起がされています。(クリックすると拡大します)

<1枚目>
消費者庁の注意喚起

<2枚目>
消費者庁の注意喚起

<3枚目>
消費者庁の注意喚起

いくら親がついていても、スピードが出てしまえば、事故を避けることはできません。

1  道路を走らない
2  ヘルメットを着用する


を広く周知する必要があると考えます。

国ではCDR(Child Death Review)など、子どもの死亡事故を検証する制度を、日本でも導入する方針を固めました。

自治体レベルでも子どもの事故予防に関する情報を一元化し、共有できるサイトの整備・充実が望まれます。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG