千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
介護者の集い@美浜保健福祉センター
介護保険制度は2000年(平成12年)にスタートしました。

家庭での仕事 として介護を担ってきた市民(多くの場合は娘や嫁)の訴えがようやく制度化され、介護は 社会の仕事 になりました。

この後、必要な高齢者は介護保険サービスを利用できるようになりました。

ーーーーー
当時、市民ネットワークみはまに 「介護者の集いをやりたい」 と来られたがいました。

お母さまの介護真っ最中の方でした。

子育て真っ最中だった私は、子育ても大変 そして、介護も大変 と思い、その方と一緒に千葉市役所へ行きました。

ところが、市役所では 「介護者の方が集まって一泊旅行へ行き、日頃の疲れを癒す事業がありますよ」 と言われました。

日常的な支援の必要性が、行政でも認識されていなかった時代でした。

ーーーーー
当時、市民ネットワークみはまに来られた方がスタートさせた 介護者の憩いの場 が、今も続いていることを知りました。

介護をしている方同士が悩みを分かち合い情報交換をする場 として、

毎月 第2火曜日 10時から13時まで 美浜区保健福祉センター (美浜区役所隣) で開催されています。

美浜区コミュニティカフェ・マップにも掲載されています。
(市民ネットワークみはまにも在庫あります)

美浜区コミュニティカフェ・マップ

認知症カフェ が全国にひろがっていますが、認知症の当事者だけでなく、家族も憩える場であったり、地域の人たちが集う場であったりと、日常的な支えあいの場がようやく社会のソフトインフラとして認識されるようになりました。

  #  隔世の感がありますが、着実に社会は変化しています。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG