千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
防災に役立つ乳児用ミルクはなぜ普及しないのか?
市民ネットワークちば では、防災マイ・パスポート をつくりました。 → 「防災マイ・パスポート」をつかってみませんか?

その11ページには、乳児のいる家庭用にプラスするものとして

・抱っこまたはおんぶ紐
・おむつ・おしりふき
・ミルクセット(哺乳瓶・ミルク・水)

とあります。

普通の食事が取れない乳児にとって、ミルクは重要です。完全母乳で育てていても、災害のストレスなどで母乳が出なくなってしまうことも起こりえます。でも、水の確保が難しいときなどはどうすればいいのでしょうか?


米国で子どもたちを育てていたとき、停電や大雪に備えて、買っていたミルクがありました。

水を加えずに、そのまま飲ませることができるミルクです。常温で与えます。

すぐ飲める乳児用ミルク

吸い口さえつければ、いつでもどこでもミルクがあげられます。

普段は母乳だったので、このミルクを使う機会はほとんどなかったのですが、万が一の備えとして、持っていれば安心でした。

事あるごとにこのミルクのことを言い続けているのですが、20年近く経った今でも日本では普及していません。

なぜでしょうか? 
規制があるから? 
不思議です。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG