千葉市議会議員(美浜区選出・2期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
経済活動の自由@日本国憲法
千葉市では、4月28日から5月2日までの5日間、感染者ゼロ が続きましたが、今日(5月3日)、新たに2人の陽性者が出ました → 千葉市ホームページ・新型コロナウイルス感染症患者の発生について

ただし、お2人(80代、90代)とも、濃厚接触者に該当し、すでに入院をされています。

  # 市中感染 ではありません!

千葉市において、STAY HOME の成果は確実に出ています → 新規感染者数はゼロが続いています@千葉市(2020年5月2日ブログ)

ーーーーー

また、今日は 憲法記念日 です。

1947年5月3日に日本国憲法が施行されてから、73年になりました。

この憲法では、個人の財産を勝手に取り上げられない権利 を保障しています。 

第29条
1 財産権 は、これを侵してはならない。
2 財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。
3 私有財産は、正当な補償 の下に、これを公共のために用ひることができる。

現在、新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、緊急事態宣言が発令され、経済活動に多大な影響がでています。

財産権は、自分の財産(=私有財産)を用いて、自由に経済活動をすることができる権利ですが、これに制限を加えるような場合(例えば、自粛要請)、正当な補償 が必要です。

国からはバラバラと補償メニューが提示されていますが、本来ならば、この憲法の理念に則して、宣言と補償は同時に 行われるべきものです。

人口が多い市であっても、迅速な手続きができるしくみが、今こそ求められます。

支援メニューの一覧です → 厚生労働省・リーフレット「生活を支えるための支援のご案内」(PDF)

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG