千葉市議会議員(美浜区選出・2期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
議席はずらしてありました
本日(2月18日)、議会(2020年 第1回定例会)がスタートしました。

午前中は、議場コンサート でした → 議場コンサートのポスター(2020年2月13日ブログ)

今年から議場の席が 2列目 になりましたが、演奏者が はっきり見える ことに気がつきました。

   #  議席は少しずらしてあった!

この表では議席が縦1列に並んでいますが、

千葉市議会議席表

実際には、松井かよ子(18番)は、6番と7番の間にいて、議長席や登壇者が正面に見えます。

   #  異国の音色にうっとりしながら、演奏の様子も堪能しました♪

page top
エアコンはありません@パキスタンの職業訓練校
打瀬公民館で パキスタンの話 を聞きました。

パキスタンの国立工業短期大学で、職業訓練プログラムをつくるなど技術協力をおこなったJICA専門家による滞在報告です。

学校の風景

パキスタンの授業風景

授業が屋外でおこなわれていました。

レンガ造りの建物で、夏の室内は30℃以上になるそうです。

暑くて勉強できないので、どのクラスも屋外に集まっています。

「エアコンは?」 との質問がありましたが、電力事情が悪いのと、経費がかかるため、エアコンを導入することは難しいそうです。

ーーーーー

千葉市の公立小中学校では今年夏、普通教室のエアコンが稼働します → 暑い!@学校のエアコンの話(2018年7月13日ブログ)

要望しても、かなわない地域の人々にも想いを馳せながら、できることから1つずつ教育環境の整備をしていきたいと考えています。

page top
『あたらしい憲法のはなし』@みはま憲法カフェ
毎月1回、 真砂5丁目の地域交流スペース「渚」で みはま憲法カフェ を開催しています。

『檻の中のライオン』を読了し、先回から 『あたらしい憲法のはなし』 をつかって学び始めています。

『あたらしい憲法のはなし』 は1947年に文部省が出した社会科の教科書で、民主主義の理念を教育を通じて広めようとしたものです → 日本国憲法が生まれたころ@みはま憲法カフェ(2017年1月25日ブログ)

第九条をもった日本国憲法こそ世界に誇れるものであり、主権者は天皇ではなく、国民にあることが画期的なこととされました。

日本国憲法がどのような社会背景から誕生したのかを含め、当時の子どもたちと同じように、基本理念や条文を学んでいきます。

復刻版がテキストです

あたらしい憲法のはなし

  #  2月は 18日(火)10時10分から12時30分まで 開催します!

page top
衣類やバッグがパキスタンの子ども支援に
美浜区打瀬では、偶数月の第3土曜日朝、 ベイタウン朝市 が開かれています。

打瀬公民館のとなりの空き地が会場です。

今日(2月15日)もお店とお客さんでにぎわっていました。

ベイタウン朝市

ここで、JFSA が衣類・毛布・バッグなどを回収しています →  特定非営利活動法人日本ファイバーリサイクル連帯協議会(JFSA)

これらは、コンテナに詰められて輸出され、パキスタンの古着市場で売却されます。

そして、利益はスラムにある学校「アル・カイールアカデミー」の運営資金になります → パキスタンの貧困地区にある学校(2015年6月27日ブログ)

我が家も、着なくなった服やカバン、ポーチを袋につめて、届けました。

ーーーーー

以前、来日された学校の校長先生が、パキスタンの現状について話をされました。

・ 貧富の差が大きく、教育を受ける機会のない子どもがいること

・ 貧困地区では児童労働や10代半ばでの結婚・出産が現実であること

・ 学校では勉強を教えると同時に、(登校のきっかけづくりに)給食を提供していること

・ 1987年に生徒10人でスタートした学校が、今は3つの学校に3000人が通うこと

・ パキスタンには古着の市場があり、女性の下着、帽子、カバン、毛布などは高く売れること

・ 高く売れるものが日本で集まれば、学校の運営資金が増えること 

・ 2012年には卒業後の子どもたちが働く場、在校生の母親の働く場、地域のコミュニティづくりを目的として縫製工場を立ち上げたこと

ーーーーー

次回のベイタウン朝市は 4月18日(土)8時から13時 です。

JFSAの回収拠点もあります。

家の不用品の整理をしつつ、朝市を楽しみつつ、回収に協力したいと考えています → ベイタウンでの回収スケジュール・JFSA

page top
バレンタインデーですが
2月14日はバレンタインデーですが、すっかり忘れていました!

多種多様なチョコレートがお店に登場しますが…

もともとは、性別にかかわらず、花やカードを贈って、想いを伝える日です → バレンタインデーの各国事情 

近くに寄ってきた我が家のネコに

うつむくネコ

カードのかわりに 愛のメッセージ を伝えました♡

上を向くネコ

  #  エサをもらえる と勘違いしたかも?

page top
議場コンサートのポスター
2月18日(火)から千葉市議会(第1回定例会)がスタートしますが、午前11時からは恒例の 議場コンサート です → 千葉市議会議場コンサート2020 

昨年までは、議場最前列 の特S席でした。

今年の議会ポスターに頭部がうつっています(一番左端)

議場コンサートポスター

春の改選後から、2列目の席に変わりました。

   # 特S席 → S席 かも?

議場コンサートを楽しみませんか??
page top
議会準備をしています
来週火曜日(2月18日)からスタートする定例議会に向けて、あれこれ準備をしています。

千葉市議会は1年に4回開かれていますが、毎回、条例・補正予算・議会の承認が必要な事項 についての審議をおこないます。

<議会日程>
・ 第1回 定例会 (2月から3月)  + 新年度予算について
・ 第2回 定例会 (6月) 
・ 第3回 定例会 (9月から10月) + 前年度決算について
・ 第4回 定例会 (11月から12月)

まもなく 第1回 定例会 です。

通常の事項のほか、新年度予算についても審議をおこなうため、1か月間は議会に缶詰状態です。

  #  身体を動かす機会がないので、どこでも 階段を利用 するようにしています・・・

運動の時間をあえて設けるのではなく、日常生活の中でできること に取り組みたいと考えています。

  #  よいお考えのある方、ぜひ教えてください!

page top
千葉市の台風対策はどうなる?(その4)
市民ネットワークちば では、昨年9月・10月の台風被害を受けて、市民アンケートをおこない、防災対策 について、千葉市に聞き取りをしました → 千葉市の台風対策はどうなる?(その3)(2020年2月10日ブログ)

(その3)の続きです。

<地元でつくる・つかうエネルギーについて>
・ 千葉市として、避難所に太陽光発電と蓄電池の設備を取り入れ、停電に備えていく

   # 日頃から 地産地消のエネルギー を実現している自治体もあります → 地元でつくるエネルギー@千葉県長生郡睦沢町(2019年11月12日ブログ)

<市の災害対応について>
・ 台風被害を教訓として、地域防災計画の見直し をおこない、長期大規模停電への備えを計画に盛り込む
・ 土砂災害警戒区域について、千葉県に調査と指定を依頼
   → 指定は都道府県がおこなうとのこと
・ 情報の伝達手段として、消防車を活用する
   → スピーカーが大きく、遠くまで聞こえる

<地域でできることについて>
・ 災害後、市の出前講座の依頼が増え、「地域の防災対策」 「我が家の防災対策」で話をしている   
   →  地域ぐるみで話を聞くことで、地域活動の活性化にもつながります!

<民間事業者との連携について>
・ 市と協定を結ぶ事業者を増やしている。東京電力、NTT、重機を扱う事業者(倒木処理)など・・・
・ 宅建協会と協定を結び、契約時に、土砂災害警戒区域や浸水区域であることを、あらかじめ知らせる

  #  地域防災計画については、3月2日まで パブリックコメント をやっています。ご意見を! → 「千葉市地域防災計画及び千葉市水防計画の修正(案)」パブリックコメント手続実施シート・千葉市ホームページ

page top
千葉市の台風対策はどうなる?(その3)
市民ネットワークちば では、昨年9月・10月の台風被害を受けて、市民アンケートをおこない、防災対策 について、千葉市に聞き取りをしました → 千葉市の台風対策はどうなる?(その2)(2020年2月9日ブログ)

(その2)の続きです。

<信号機について>
・ 停電している信号機があったが、警察には同じ情報がいくつも寄せられていた
   → 情報を何度も聞かなくてもよい仕組みが必要です・・・
・ 発電機に必要な燃料が分離しており、使えなかった
   → 時々、訓練をやって燃料を入れ替えたほうがよさそうです

<障がい者・高齢者の避難について>
・ 約3割の自治会や防災会には、要支援者名簿 が配布されているが、活用状況は団体によりバラバラ
   → 自治会館を「民間避難所」として開設すると同時に、名簿もセットで配布して、情報の使い方も併せて説明しては?
・ 電気が必要な障がい者の命を守るため、発電機購入補助などの支援は?
   → 来年度、補助制度が検討されている

<災害時のボランティア体制について>
・ ボランティアの受け入れについて、また、他市が被災した場合にボランティアしたい人がいる場合について、窓口や情報を 一元化 してわかりやすくしてほしい
  → 高速道路の通行料金の免除、鉄道・航空機運賃の割引など、情報がバラバラです

  #  被災体験から見えてきた課題を、次の備えに活かしていきたいと考えています!

page top
千葉市の台風対策はどうなる?(その2)
市民ネットワークちば では、昨年9月・10月の台風被害を受けて、市民アンケートをおこない、防災対策 について、千葉市に聞き取りをしました → 千葉市の台風対策はどうなる?(その1)(2020年2月8日ブログ)

(その1)の続きです。

<消防について>
・ 消防のサイレンと避難指示を組み合わせることを今後検討
  → お隣の市原市では、川の増水に備えて「避難指示」が出ていましたが、千葉市からは何も聞こえず、不安に感じた市民(市原市との市境に住む人)がいたそうです。

<水道について>
・ 水道の「断水」はなかったが、停電で水がポンプアップできず、結果的に蛇口は「断水」状態だった。
  → 管の破損などがなければ、断水にはならないらしい・・・
・ 給水車による水の支給については、1人何本との取り決めがなかったが、今後は必要
  → 一般的に、500mlのペットボトル1人2本などの基準はあるようです。

<道路について>
・ 街路樹の倒木は約800本
  → 公園内の倒木は除きます。
・ 弱っている木などについては、見つけ次第対応し、倒木の防止をしていく
  → ちばレポなど、住民の通報があれば対処しやすいと思うが・・・  

  #  ちばレポ(ちば市民協働レポート) → 千葉市ホームページより も活用して、市民ができることを考えたい。

ちばレポのロゴマーク

ちばレポのロゴ

page top
千葉市の台風対策はどうなる?(その1)
市民ネットワークちば では、昨年9月・10月の台風被害を受けて、市民アンケートをおこないました。

寄せられた声をまとめ、防災対策 について、千葉市に聞き取りをしました。

<情報・連絡について>
・ 停電 により、千葉市からの情報 を市民に伝えることが難しかった。
・ 消防車など、大きなスピーカーをつけた広報車が地域をまわって、生活情報 (お風呂の提供場所、バスでの送迎など)を伝えた。
・ SNS、安心安全メール、テレホンサービス、Yahoo防災などに加えて、町内自治会、自主防災会、民生・児童委員、避難所運営委員会など、情報伝達のツールをさらに拡げて、人海戦術 で情報が行き渡るようにしたい。  

<避難所について>
・ 避難所を開くかどうか、基準がなく、バラつきがあった。
・ 今後は必要に応じて、避難所運営委員会が 自主的に開ける ようにしていく。
・ ペットを連れていける避難所 は評判がよかった。
・ 地域で身近な自治会館などを「民間避難所」に位置づけることは、今後の検討課題
   
<東京電力との連携について>
・ 災害時の協定を結ぶ 方向で協議中
内容 その1 東京電力の連絡員が災害対策本部に常駐する
内容 その2 倒木処理(千葉市)と復旧作業(東京電力)が連携できるようにする
内容 その3 電源車を優先施設(病院など)に配置する

  #  停電の教訓 が、今後の対策に活かされます!

page top
寒い日も開校中@自主夜間中学
昨日(2月6日)夜、ちば自主夜間中学 が開かれました。

昨年12月までは月に2回でしたが、今年1月から毎週開校です。

今後のホームルームで、4月からの開校をどうするか、検討していく予定です → 「教える」ことは「学ぶ」こと(2020年1月24日ブログ)

  #  毎週開校にするか? 隔週にするか? 参加人数などを考慮します

ちば自主夜間中学のチラシ

ちば自主夜間中学のチラシ
ーーーーー

昨日はとても寒く、参加者が少なめでした。

スペースにもゆとりがあり、学習者にもマンツーマン対応ができました。

通常は学びたい方が多く、個別対応が難しくなっています。

  #  ボランティアをしてみたい方、やれることから関わってみませんか?

見学の方も歓迎です。自主夜間中学へお越しください → ちば自主夜間中学のホームページ

page top
寒い日になりました
例年になく暖かい冬が続いていましたが、突然の寒波がやってきました!

身体が慣れていないので 寒い です。

  #  立春過ぎとは思えない・・・

春が来るのを心待ちにしています。

寒い日に楽しめる富士山

冬の富士山

page top
お灸でリラックス@第14回「大人の学校」
2月5日(水)に 誰でも生徒、誰でも先生 の 大人の学校 が開催されました。→ 大人の学校のお知らせ(2月5日午後) (2020年2月4日ブログ)

<1時間目>  
松井かよ子 から 議場コンサート(第1回定例会の初日・今年は2月18日(火))の概要、海浜病院の行方、高齢者の移動支援、自治会運営のサポートなどについてお話しました。

千葉市の成人式のあり方についても、質問や意見をいただきました。

・ 成人を祝う会の案内をする際に、困りごと相談や支援制度を入れて郵送してはどうか? 本当に困っている人は、成人式の会場に来られない。

  # なるほど、対象者全員に案内が郵送されるので、効果がありそうです!
  
<2時間目>
お灸を専門にされている先生から、奥深い お灸の世界 について話を聞きました。

もぐさが入った筒など、グッズが机に並びます

お灸のグッズ

・ お灸の場合、つぼ は、指圧や鍼治療ほど厳密ではなく、痛みや違和感のある場所に市販のお灸を貼ると、周辺が温かくなり、痛みが和らぐ

・ 皮膚の感度に個人差があるので、やけどしやすい人と大丈夫な人がいる

   #  最初は、腕などで試したほうがよいとのこと

・ 調子が悪い場合、お灸などで何となく紛らわしてしまうのではなく、まずは医師の診察を受けて、原因をはっきりさせること

   #  あくまでも、標準治療+お灸 が基本

以前、看護士をされていたとのことで、お灸の立ち位置についても、はっきりと話をされました。

なお、一般的に煙が出るなどのことがあって、お灸を専門にやる治療院は少なく、鍼治療が主流とのことです。

  #  よい香りが部屋中に広がり、とてもリラックスできました♪

ーーーーー

大人の学校、次回は 2020年4月~5月 です。

  #  生徒も先生もいつでも募集中!

page top
大人の学校のお知らせ(2月5日午後)
市民ネットワークみはまでは、年4回の議会の後に 誰でも生徒、誰でも先生 の 大人の学校 をおこなっています。

明日、第14回 大人の学校 を開校します!

2月5日(水) 13時30分から15時30分まで
市民ネットワークみはまにて 
参加費 300円(材料費を頂きます)

チラシ(クリックすると拡大します)

大人の学校案内チラシ(2020年2月5日)

議会報告の次の時間は、セルフお灸 の先生が話と実演をするそうです。

  #  参加者のニーズを中心に、会をすすめます。お気軽に参加ください!

問い合わせは 市民ネットワークみはま まで → アクセス

page top
節分の豆にかわるもの
本日(2月3日)は節分です。

豆まきをしますが、節分の翌日は患者が多い と小児科の先生から聞いたことがあります。

命に関わる大事にはならなくても、豆が鼻などにすっぽりとはまってしまい、抜けなくなった子どもたちがやってくるそうです。

とくに 39ミリ(トイレットペーパーの芯)以下の大きさ のものは 誤飲に注意 とのこと。

国も注意喚起をしています。→ 消費者庁・豆まきは豆による事故に注意して安全に楽しみましょう!  

ーーーーー

節分の豆でなくても、できることはあります。

1 殻つき落花生の豆まきをする

2 小分け包装された節分用の豆を、袋ごとまいて楽しむ

  #  小さい子が見つける前に回収(!)できます

3 大豆を料理して、おかずにしてしまう 

4 「恵方巻」に徹する

ーーーーー

子どもを事故から守る取り組み を広めていきます! → 子どもに関わるヒヤリハット体験(2018年2月6日ブログ)

page top
教育の機会をすべての人に保障するには?
市民ネットワークちばでは、多様な教育の機会を整備する ための取り組みを、足元からすすめています。

・ 日本語の読み書きや会話を学びたい
・ 自分に興味や関心のある分野を深めたい
・ 今から学び直しがしたい

などのニーズにこたえるために、公立夜間中学の設置 に向けてサポートをおこなっています → 「教える」ことは「学ぶ」こと(2020年1月24日ブログ)

ーーーーー

夜間中学は夜の時間帯ですが、昼の時間帯にも同じようなニーズがあります。

今の学校ではない「学校」で学びたいと、フリースクールの需要も高まっています。

千葉市には教育委員会が設置した、小中学生向けの「ライトポート」(適応指導教室)があります → ライトポート(適応指導教室)について知りたいのですが。・千葉市ホームページ

しかし、ここですべてのニーズを満たすことはできません。

手法も対象も異なった 多様な学びの場 が必要です。 

ーーーーー

広島県福山市で、今年4月から イエナプランを取り入れた小学校教育がスタートします。 → 【イエナプラン教育(常石小)】 オープンスクール・学校説明会開催!・福山市教育委員会

多様な学びの1つを、公立学校に導入するという観点で、画期的な取り組みです。

2月1日(土)午後、イエナプランについて、話を聞く機会がありました。

<イエナプランの特徴>
・1年生から3年生までを1クラス、4年生から6年生までを1クラスとする異年齢集団
・担任教員が少なくて済むので、少子化などで統廃合が検討される地域の学校に適する
・異年齢集団であるため、「リーダー」が固定せず、集団の中で「教えられる」立場から「教える」立場まで経験できる
・基礎から発展まで、1人1人の習熟度に応じて学ぶことができる
・活動は「遊び」「対話」「仕事(学習)」「催し」から成っており、日常的に自分の意見を述べる機会がある
・このプランが発展したオランダでは、従来の学校3校に、個性的な学びの場がプラス1校存在する

  #  なるほど、今の「受け身」中心の学校教育とは違います

教員養成はどうするのか?
これで学んでも中学校がなければ意味がないのでは?
先生や教材に高いレベルが必要では?

などの疑問もありましたが、公立学校からスタートする新たな取り組みに、注目していきたいと考えています。

page top
富士山がない風景
昨日(1月31日)、屋外には珍しい景色が広がっていました。

いつもは富士山が見える方向に、富士山がありません。

富士山のない風景

丹沢山など、富士山の手前にある神奈川県の山々がくっきりと見えました。

  #  港や船もよく見えます

日々変わる景色は、冬の楽しみです → 春の富士山(2019年4月11日ブログ)

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG