千葉市議会議員(美浜区選出・2期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
質問時間の違いは?
本日(20日)朝、議会で 一般質問 をおこないました。

   #  傍聴してくださったみなさま、ありがとうございました。

持ち時間は 60分 で、1分残して、すべての質問を終えることができました → 本会議場のスライド(2019年6月18日ブログ)

ーーーーー

一般質問の時間はどう決まるのですか? 

と聞かれることがあります。

質問時間が25分の議員もいれば、60分の議員もいます。

通告内容と時間の表(クリックすると拡大します)

一般質問の通告時間

質問の時間は、会派ごとに 20分×人数 で割り当てられます。

市民ネットワークは現在2人の議員がいるので、40分(20分×2人)  の持ち時間があります。

6月議会では、議案に対する質問(=議案質疑) や 討論(=会派として賛成・反対およびその理由や意見を述べる) を岩崎明子が担当し、40分間の一般質問を松井かよ子が担当することになりました。

  #  会派で質問する人が多いほど、1人あたりの質問時間は短くなります

質問の方法は、

・ 一括質問 (まとめて質問をして、まとめて答弁をもらう)  
・ 一問一答 (1つの質問に対して、その都度答弁をもらう) 

のどちらかを事前に選ぶことができます。

一括質問 の場合は、持ち時間=質問時間 になり、答弁時間は含まれません。
一問一答 の場合は、持ち時間=質問時間+答弁時間 になります。

  #  質問数や内容で、どちらにするかを決めています。

今回は 一問一答 を選んだので、40分の質問時間 + 20分の回答時間(40分×0.5) = 60分 となりました。

一括質問も一問一答も 最大持ち時間は60分 です。

  #  与えられた時間を最大限有効に活用することができました!

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG