千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
「マタニティマーク」を広めたい
マタニティマーク を知っていますか?

妊婦さんがストラップなどで持ち歩いている おなかに赤ちゃんがいます と表示されたマークです。

マタニティマークのポスター

厚生労働省が2006年から導入しています。

すでに12年が経ち、だれもがその存在を知るマークになったと思っていましたが・・・

つい先日、JRの優先席に座っていた妊婦さんに 「どうして若いのに座っているんだ」 と叱りつけた高齢者の話を耳にしました。

高齢の男性は、マタニティマークを見ても、その意味がわからなかったそうです。

妊婦さんが持ち歩くだけでなく、まわりの人たちの理解をすすめることも、同時に必要であることを痛感しました。

ーーーーー
近所に停まっていた車のステッカーに目がとまりました。

市独自でマタニティマークを作成し、妊婦さんにやさしい環境づくりをしようとしています。

市が作成したマタニティマーク

  #  ぜひ千葉市でも取り組みを!

page top
フリマへの寄付品、大歓迎
18日(日曜日)、美浜区の稲岸公園(ぽっぽ公園)で ぽっぽの市 が開催されました。

恒例の フリーマーケット で店員&呼び込みをしました。

フリマの品物

フリマの品物

・ 今は使わない。誰かが使ってくれれば・・・
・ 買ったけれど、サイズがあわなかった
・ 思い出の品なので、捨てるにはしのびない

さまざまな理由で集まってきた品物をフリマで売って、市民活動団体に寄付しています。

次回のぽっぽ市は 来年4月 とのこと。

   #  身近な品物を寄付していただけますか?

市民ネットワークみはま で受け付けています。→ 市民ネットワークみはま アクセス

   #  フードドライブの受付もしています! → フードバンクちば

page top
こども食堂は地域の食堂へ@美浜区真砂
毎月恒例の まさごこども食堂 が開催されました。

  # 通常は 第1土曜日ですが、今月は変則で 第3土曜日 でした。

こどもが1人でも入ることができ、みんなでご飯を食べられる「地域の居場所」です。→ とれたて野菜が届きました@まさごこども食堂(2018年7月8日)

本日のランチ

まさごこども食堂

<メニュー>
・ 豆乳クラムチャウダー (片栗粉のかわりに米粉が入っています)
・ 切干ダイコンのソティ
・ なすのみそ炒め (黒ゴマたっぷりです)
・ 小松菜のおひたし
・ リンゴとゼリー
・ コーヒー飲料

秋の収穫期で、青菜をたくさん寄付いただきました。

親子だけでなく、ご夫婦でふらりと寄られる方もいて、こども食堂は 地域の食堂 へと進化しつつあります。

  #  次回は 12月15日 第3土曜日 11時半から13時 です。

まさごこども食堂 → 生活クラブ センター千葉 地域交流スペース 渚

page top
校外学習(中学2年生)の候補地へ@福島県
千葉市の中学2年生が、校外学習で利用する 高原千葉村 ですが、1973年(昭和48年)の開設から45年が経ち、老朽化のため、今年度一杯で 廃止 が決まりました。→ 高原千葉村へ行きました(2017年7月24日ブログ)

来年度からは2つの施設に分かれて校外学習が実施される予定です。

先日、その1つ、群馬県前橋市の 国立赤城青少年交流の家 へ行きました。→ 校外学習(中学2年生)の候補地へ@群馬県(2018年11月6日ブログ)

東日本大震災の直後には、福島原発の影響を受け、放射線量が高くなった地域ですが、現時点の放射線量を測定した結果、空間線量でとくに気になる高い数値は出ませんでした。

そして、もう1つの施設 福島県西白川郡西郷(にしごう)村にある 国立那須甲子(なすかし)青少年自然の家 にも行ってみました。

ーーーーー
千葉市の中学生がここを利用するのは2020年1月・2月の予定です。

冬の時期、施設敷地内は雪に覆われていて、キャンプファイヤーも屋外ではやらず、屋内のホールで実施することになるそうです。

屋内のキャンプファイヤー施設  巨大な煙の排気機がついています

屋内キャンプファイヤー場

中学生の場合、日中はバスで近くのスキー場へ行くことになるそうですが、利用する可能性がある場所を中心に測定をしました。

建物の入口付近です。バスはこの横に停車します

メイン施設の外観

玄関です

施設の玄関前

入口のすぐ横にある松の木の付近をはかります。西郷村で定期的に測定しているポイントです。

放射線量測定中

「歩くスキー」のルートを順次測定します

歩くスキーの道を測定中

見晴らしのよい高台に来ました。ここは施設の中で一番線量が高かったところです(0.13マイクロシーベルト/時)

見晴らしの良い高台

小学生がそり遊びをする広場付近も測定しました

そりの広場で放射線量測定中

ーーーーー

結論としては、空間線量でとくに気になる高い数値は出ませんでした。

西郷村の測定ポイントでもある松の木の付近ですが、現在の数値は0.05マイクロシーベルト/時で、千葉市の現状とあまり変わりません。→ 西郷村ホームページ

冬の時期は雪で放射線が遮蔽されるため、千葉市よりも線量が低くなる可能性があります。

データによると、西郷村でも、白河地区など東部では放射線量が高い状況ですが、自然の家のある西部地区は放射線量が低めです。→ 西郷村ホームページ・村内122地点の測定結果

  #  福島県とはいっても、ホットスポットの状況はばらばらで、現地に行ってみないとわからないこともありました。

帰りに、地元の農産物販売所でお米を買って帰りました。測定の結果を待っています。

page top
看板がわかりやすくなりました
高齢者の医療・介護・福祉については、各市町村ごとに 地域包括支援センター が設置され、相談などに応じています。

千葉市ではこれを あんしんケアセンター と名づけています。

介護保険の申請や、生活の相談など、住民にとっては欠かせない施設で、各地区の民間事業所に業務が委託されています。

ーーーーー

昨年(2017年)秋、市民ネットワークちばでは、市内30ヶ所のあんしんケアセンターを訪問し、調査をおこないました。

すぐの12月議会で  市の施設でありながら、事業所ごとに看板がバラバラでわかりづらい との指摘をおこなったところ、

<質問前>
あんしんケアセンター高洲

<質問後>
あんしんケアセンター高洲看板

になりました。

   # 千葉市章がついている! → 妙見信仰は遊牧民から?(2016年7月3日ブログ)

page top
お楽しみは「水」
12日の朝、さいたま市議会へ行き、さいたま市教育委員会から話を聞きました。

来年度4月に開校する 「さいたま市立大宮国際中等教育学校」 について開校までの経緯やユニークなカリキュラム、教員の体制などを知るためです。

  #  12月議会の一般質問で取り上げる予定です

そして、会議室の机上に置かれていたのは さいたまの水 でした。

さいたまの水

  「地下260m(最深部)から汲みあげられた深井戸水100%で、良質な口当たりのよい味わいのある軟水です」

と書かれています。

自宅に持ち帰って、冷蔵庫に入れておいたところ、くせがまったくなく、美味しく飲むことができました。

視察のお楽しみは何と言っても  です。→ 水道水も名産品に!@仙台市(2018年10月18日ブログ)

  #  千葉市でも井戸水でやれないかな?

page top
本場の「ビビンバ」を習ってみませんか?@美浜区
千葉市議会では超党派の女性議員で 千葉地区日朝女性交流の会 の活動をしています。

千葉市長あての要望書を提出するほか、議会終了後にキムチの販売をしたり、毎年秋に朝鮮料理講習会をしたり、 美味しいイベント もおこなっています。

料理講習会ですが、今年は美浜区での開催となりました。

本場の調理方法を、千葉朝鮮初中級学校のオモニ(母)がしっかり教えてくれます。

11月21日(水)午前10時から午後1時まで
参加費 1000円
メニュー ビビンバ・スープなど

  #  これで、我が家も なんちゃってビビンバ を卒業し、本格派ビビンバ に移行できます!

詳細な場所や持ち物などは、お申し込みの際にお知らせします。

市民ネットワークみはま にお問合せください。→ 市民ネットワークみはま 

page top
補修されたベンチ@美浜区検見川浜駅前
検見川浜駅前のロータリーに沿って、おしゃれな木のベンチがありました。

フラワーガーデンなどによくある、ベンチでした。

ところが、木が劣化して、ささくれが出てきたり、角がでこぼこになってしまったりと 危険なベンチ になってしまいました。

通行する方からも苦情が出ていたのですが、市による補修が行われ、今はみんなが 座れるベンチ になりました。

補修されたベンチ

大きな板が表面に貼り付けてあります。

ささくれはなくなりましたが・・・  

何となく物足りないと感じているのは私だけでしょうか??

page top
活用できる「ヘルプカード」へ@美浜区幕張新都心など
ヘルプカード をご存知ですか?

ヘルプカード

もともとは東京都から始まった取り組みで、障がい者が日常生活の中で困ったときに、周囲に支援や配慮を求めるためのものです。

カードの内側に、緊急連絡先や必要な支援内容などを記入し、携帯できるようになっています。

しかしながら、

・ 支援内容にどのように書けばよいのか?
・ 記入内容で、支援する側が本人のニーズに合う支援ができるのか?

まだ手探り状態です。

そこで、私が配慮や手助けをして欲しいこと の欄に、文字マーク(例 <歩行>)を貼って、具体的な支援内容を簡単に書きこめる バリアフリーコミュニケーション がモデル実施されることになりました。→ 千葉市ホームページ・障害者への合理的配慮の提供を容易にする取組みのモデル実施(幕張新都心・バリアフリーコミュニケーション)を行います!

ヘルプカードの配慮の例

美浜区内の事業所が協力して、支援がおこなわれます。→ 千葉市ホームページ・協力企業一覧 

11月12日スタートですが、検見川浜駅前の店舗入口にはすでに表示されていました。

バリアフリーコミュニケーション実施施設の表示

  # まずはヘルプカードを広めたい!

page top
新しいまちの案内板@美浜区真砂
まちのあちらこちらに千葉市が設置している 住居表示街区案内板 があります。

美浜区は学校統合があった影響で、ここ数年、施設の移転や名称変更がすすみました。

そのため、案内板の情報が古く、役にたたない と思いこんでいましたが・・・

検見川陸橋(真砂)の入口にある案内板

住居案内表示板

スマホよりも画面(?)が大きく、情報も新しく、一度に場所が把握できました。

  #  駅など来訪者が集まる場所では、最新情報が必要です

page top
バス停が出現しました@美浜区新港
新港の 草でおおわれたバス停 の前を通ったら、草が刈ってあり、ようやく停留所の全容があらわれました。

<草刈後>
新港のバス停

ちなみに

<草刈前>
草ぼうぼうのバス停

でした。

  #  今までの乗客はどのようにバスを待っていたのか不思議です…

page top
ちば自主「夜間中学」開校しています
第3回 ちば自主夜間中学 が8日夜におこなわれました。

ちば自主夜間中学

先月のスタートでわかった課題をふまえて、さまざまな状況に対応できるよう改善中です。→ 自主「夜間中学」スタートしました(2018年10月12日ブログ)

集まってくる生徒ですが、

・ 外国人で日本語を学ぶ必要のある生徒
・ 不登校であったけれども、今は、勉強をしたいと考える生徒
・ これまで教育を受ける機会がなかった高齢の生徒

など年齢、国籍、背景もバラバラです。

松戸市など歴史ある自主夜間中学の経験に学びながら、千葉市でも着実に 個々の状況に応じた支援 を進めていきたいと思います。→ 「夜間中学」を広めたい(2018年4月9日ブログ)

次回は 11月22日(木)17時半から です。

  #  生徒も先生も大歓迎です!

page top
「アサガオ」が楽しめます@美浜区検見川浜
旧真砂コミュニティセンター跡地(検見川浜駅北)の花壇に アサガオ が咲いています。

アサガオの花

地域の有志がお世話をしている花壇ですが、1年中花にあふれていて、通行する人や休憩する人を和ませてくれています。

  #  今シーズン最後のアサガオを楽しませてもらいました!
page top
校外学習(中学2年生)の候補地へ@群馬県
千葉市の中学2年生が、校外学習で利用する 高原千葉村 ですが、1973年(昭和48年)の開設から45年が経ち、老朽化のため、今年度一杯で 廃止 が決まりました。→ 高原千葉村へ行きました(2017年7月24日ブログ)

そして、来年度からは2つの施設に分かれて校外学習が実施される予定です。

その1つ、国立赤城青少年交流の家 ですが、群馬県前橋市にあります。→ 国立赤城青少年交流の家

東日本大震災の直後には、福島原発の影響を受け、放射線量が高くなった地域です。

今は安全? との保護者の声を受けて、実際に放射線量を測定しに行ってきました。

ーーーーー
現地のスタッフから説明を受けた後、生徒達が活動に使う場所を歩いて、放射線量をはかりました。

建物入口。手前のカエデが紅葉で真っ赤です。

施設の入口

施設入口にあるロビー。高原千葉村のロビーより広いです。

赤城の施設ロビー

敷地をまわって、放射線量の測定中

施設の敷地で測定中

芝生の端は放射線量が高くなることがあります。入念に調べます。

2018110604.jpg

簡単な測定機を地面に近づけてみました。

2018110605.jpg

前橋市がホームページで公表している数値(0.06マイクロシーベルト/時)とほぼ同じ値です。

2018110606.jpg

日中、野外炊事や活動ができる広場です。

2018110607.jpg

ーーーーー

結論としては、空間線量でとくに気になる高い数値は出ませんでした。

前橋市が定期的に測定している数値があります。今回の測定値も5月17日測定値とほぼ同じでした。→ 前橋市ホームページ

事故から7年が経過し、全体として線量が下がっていることと、雨どいはすべて地下に延びていて、水がたまる場所はなかったことも関係しているようです。

引き続き、もう1つの施設に後日測定に行く予定です。

page top
さつまいも料理あれこれ
畑で掘ったばかりの さつまいも を頂きました。

うれしい 秋の味覚 です。→ 秋の味覚がならびます(2018年9月25日ブログ)

根が伸びていて、今まさに地上に出てきたばかりの新鮮さにあふれています。

さつまいも

毎日さつまいも料理を堪能中です。

<料理例>
・ サラダ → ゆでで形が残るくらいにつぶして、マヨネーズとレモン汁であえます。
・ みそ汁 → 切って、具として入れます。
・ ごはん → ゆでて、あたたかいご飯にまぜて、ごま塩をふっています。
・ やきいも → アルミホイルに包んで、ガスグリルで加熱しています。
・ 大学いも → 軽くゆでて、表面をフライパンでカリカリにして、飴でからめます。
・ ベイクいも → バターをフライパンに溶かし、その上に輪切りにしたさつまいもを並べて焼きます。

このほかの 未知のレシピ にも興味があります。

  #  どなたか教えてください!

page top
「まちづくり通信」94号@市民ネットワークみはま
市民ネットワークみはまでは、市議会終了後に まちづくり通信 を年4回発行しています。

地域における市民活動 などを掲載し、ボランティアの手によって美浜区全戸に配布されます。

まちづくり通信94号 が完成し、駅前やショッピングセンター前での配布も始まりました。

クリックすると拡大します

NO_94katudo.jpg

議会報告の表面です。→ 「市議会報告」ができました(2018年11月2日ブログ)

  #  ご意見をお待ちしています!

page top
「市議会報告」ができました
市民ネットワーク 松井かよ子の市議会報告 が完成しました。

千葉市の決算について、危ないブロック塀撤去への補助金について、被爆体験談についてまとめました。  

クリックすると拡大します

松井かよ子の市議会報告 94号

  #  紙面の関係上、すべての議案を網羅することはできませんでした。これらの記事以外にも、ご質問やご意見をお寄せくださるとうれしいです♪

page top
家族信託のはなし@第11回「大人の学校」
10月31日(水)に 誰でも生徒、誰でも先生 の 大人の学校 が開催されました。→ 第11回「大人の学校」のお知らせ(2018年10月11日ブログ)

<1時間目>  
松井かよ子 から 千葉市のお金の使い方(2017年度決算) と 海辺 (稲毛海浜公園、幕張海浜公園) の改修工事 についてお話しました。

  #  ほかにもコミュニティバスや介護保険の課題について、ご意見をいただきました。ありがとうございます!  

<2時間目>  
司法書士の菊地先生 による 家族信託 の話です。

家族信託のパンフレット

認知症などでお金に関する判断が難しくなった高齢者については 通常、成年後見制度 を活用して後見人が財産管理をおこないます。

ただし、この制度は、財産を守る ことに主眼が置かれているため、合理的な理由 がなければ、支出が認められず、柔軟性に欠けるなどのデメリットがあります。

   例) お父さんがお金を負担し、毎年、家族全員におせち料理を振舞っていました。ところが、お父さんに成年後見人がついた途端、おせち料理への支出は難しくなってしまったそうです。各人が食べるものはそれぞれでお金を出せばよいとの理由です。

一方、最近登場した仕組みである 家族信託 は、財産の「名義」は信頼して指定された家族(受託者)にうつるものの、「権利」は所有者(受益者)に残り、高齢者の利益にかなうように財産の管理や処分をすることができるとのこと。

   例) お父さんがおせち料理を家族全員に振舞いたいと考えれば、受託者が受益者のために支出することができます。

「家族信託」が「成年後見制度」に代わる新たな方法として定着するかどうか?

今後の制度整備に注目していきたいと考えています。

ーーーーー

大人の学校、次回は 2019年1月 です。

  #  生徒も先生もいつでも募集中!

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG