千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
女性議員が増えると政治は変わります
千葉市議会の 議員定数は50名、そのうち現在、女性議員は9名 です。

先月、男女候補者均等法 (政治分野における男女共同参画推進法) が成立し、女性議員を増やすための「努力義務」が各政党に課せられました。→ 男女候補者均等法が成立(2018年5月16日ブログ)

ーーーーー

市民ネットワークちば では、1991年から交代(ローテーション)しながら女性の市議会議員を出し続けてきましたが、

女性議員が増えると、政治が変わる

ことを実感しています。

例えば ごみ の問題を常任委員会で取り上げる場合、多様な人がいればいるほど、質問も多様な視点でおこなわれます。

A議員  ごみ収集にかかる費用は?
B議員  新しい清掃工場の計画は?
C議員  ごみ埋立地の維持管理はどうなっているか?
D議員  ごみステーションでのカラス対策は?
E議員  赤ちゃんのおむつがたくさん出る家庭への支援は?
F議員  高齢などでごみ出しが難しい方の支援は?
G議員  ごみの水分を減らすための対策は?
H議員  外国人市民に対してどのように分別方法を知らせるか?
J議員  小学校でどのようにごみの授業をおこなっているか?

「清掃工場のあり方」から「ごみの出し方」までさまざまな観点から検討し、市民にとって一番よい方法を決めていきます。

ごみは 暮らしに身近 であるからこそ、理想だけではなく、現実に やれること を探っていく必要があります。

ごみ出しの多くを日常的に担ってきた 女性の視点 が生きるのです。→ 女性議員が多いと財政が健全化される?(2016年5月7日ブログ)

  #  同じ意見でまとまってしまう議会でなく、多様な視点で議論できる議会は、地域の活性化にもつながります!

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG