千葉市議会議員(美浜区選出・2期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
福島県外での甲状腺検査
甲状腺は首の前部、のどぼとけのすぐ下にある器官です。

ヨウ素 を蓄積し、身体の代謝にかかわる 甲状腺ホルモン をつくるはたらきをしています。

1986年に発生したチェルノブイリ原子力発電所(ウクライナ・旧ソビエト連邦)の事故では、食べ物に含まれるヨウ素ではなく、放出された 放射性ヨウ素 が甲状腺に蓄積され、事故後5年を過ぎてから、甲状腺がんの割合が増えました。

特に細胞分裂が活発な子どもは、その影響を受けやすいとされており、福島県では 県民健康調査 で、福島原発事故当時、0歳から18歳までの人を対象として甲状腺(超音波)検査を実施しています。→ ふくしま復興ステーション・甲状腺検査について 

超音波検査によって、しこり(結節)の有無を見て、さらなる検査が必要かどうかを判別します。

ーーーーー

福島県では、国の費用 で検査が行われていますが、それ以外の地域では、いくつかの自治体が独自に実施したり、補助をしたりする程度にとどまっています。

千葉市でも行政からの補助はなく、市民団体による 自主的な検診 が実施されています。→ 甲状腺検診ちばの会

そして、いま検診は千葉県から東京都へとひろがりはじめています。

福島原発事故直後に、東京都東部地域では放射線量が高くなり、金町浄水場(葛飾区)では基準値以上のヨウ素が検出され、乳幼児にペットボトルの水が配布されました。

ーーーーー

22日に「甲状腺検診えどがわ」のお手伝いに行ってきました。

ちばの会からベッドや機材を借りています。

甲状腺検診

検査の前に、全員で担当医師から話を聞き、何の検査をするのか どのようなことがわかるのか を知ってから検査に臨みます。

約50名が検査を受けましたが、さらなる検査が必要とされた人はいませんでした。

6月には 甲状腺検診かつしか で実施予定です。→ 甲状腺検診かつしか

東京都は「放射能汚染自治体」であることを認めていませんが、不安に感じる住民の気持ちに寄り添った施策を、福島県外でも 実施すべきと考えます。

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG