千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
ご意見に感謝!@市民と議員の意見交換会
市民ネットワークの 市民と議員の意見交換会 が行われました。→ 市民と議員の意見交換会@10月30日(日)午後

会の前に、ドイツで開発された 「ヘルマンハープ」 の演奏会があり、澄んだ調べを楽しみました。→ ヘルマンハープのおいたち

ヘルマンハープ

五線譜が読めなくても、専用の楽譜を楽器に挟むと、演奏ができるそうです。

誰もが楽しめる楽器として、拡がっているとのこと。

ーーーーー
意見交換会ですが、

・ 公民館のあり方について
・ 議会質問のつくり方について
・ 市民参加のしくみについて
・ 不登校の子どもたちへの対応について
・ 千葉市独自の事業である障がい者「ワークホーム」の方向性について

など、いろいろな話題でやり取りができました。

  #  みなさまのご意見に感謝しています!  今後もお声かけ頂ければ、どこへでも行きます!

page top
着替えができる場所の充実を!
ハロウィンの週末は、仮装の人たちでどの街も賑やかです。

そこで疑問をもったのが、「どこで着替えをするのか?」でした。

駅に張り紙がありました。

トイレの表示

トイレ内でのお着替えはご遠慮ください

とのこと。

ハロウィンに限らず、イベント参加時の着替え、子どもが服を汚してしまったときの着替え、深夜バスで到着したときの着替えなど、以前に比べると着替えが必要な場面が増えました。

集客 も大切ですが、そのような利便性の高い施設を充実させることが、さらなる集客につながるのではと考えます。

page top
ハロウィンの週末@幕張ベイタウン
ハロウィンパーティで、ようやくカボチャの ジャック・オ・ランタン ができました。→ 朝の海浜幕張駅&ハロウィンパーティのお誘い

<カービング前>
カボチャ

<カービング後>
かぼちゃ

参加した子どもたちに カボチャの顔 を描いてもらいました。

ハロウィン用のカボチャは、通常のカボチャと同様、切ると腐り始めます。そのため、ハロウィンの前日か前々日にカービングをします。

  #  本番の10月31日まであと2日。何とか楽しめそう…

パーティを盛り上げてくださった子どもたち、(子どもの心を持つ)大人のみなさまに、感謝しています!

page top
市民と議員の意見交換会@10月30日(日)午後
10月30日(日)の午後、市民と議員の意見交換会 を開催します。

市民ネットワークの3人の議員が登場して、9月議会の報告をしながら、みなさんとの意見交換をします。

10月30日(日) 15時15分から17時15分まで
穴川コミュニティセンター(稲毛区) → アクセス・穴川コミュニティセンター

議会報告会チラシ

  #  様々な観点からのご意見やご感想をお聞かせ下さい。

page top
朝の海浜幕張駅&ハロウィンパーティのお誘い
今日は日差しも体感温度も暖かい朝でした。

海浜幕張駅

海浜幕張駅で議会通信の配布を行いました。→ 2016年9月議会「議会通信」(表面)

朝の配布は終了し、

明日・金曜日(10月28日)は  午前11時から正午まで 検見川浜駅 フェリア前
来週・火曜日(11月 1日)は  午前11時から正午まで 稲毛海岸駅 マリンピア前

で配布を行います。見かけた方は、ぜひお声をかけてください♪

ーーーー

そして、恒例のハロウィンパーティのお誘いです。

10月29日(土)15時から16時半まで
打瀬・パティオス22番街集会場 (打瀬中学校前) 


パーティのチラシ

まだ定員に余裕がありますので、衣装の披露にお越し下さい!

  #  今朝は海浜幕張駅で仮装した人をたくさん見かけました。そのまま舞浜の遊園地に向かうようです・・・

page top
2016年9月議会「議会通信」(裏面)
昨日に続いて → 2016年9月議会「議会通信」(表面)

市民ネットワークの議会通信です。

クリックすると拡大します。
<裏面>

議会通信 裏面

夏の間、ずっとみなさんの意見を聞きながら取り組んできた 予算要望書 (2017年度予算編成に向けての要望書)の提出も掲載しました。→  市政への要望を検討し始めました

今日の検見川浜駅に続いて、明日は海浜幕張駅(メッセ側)での配布です。

  #  今朝はそれほど寒くありませんでした。明日は??

page top
2016年9月議会「議会通信」(表面)
今朝は稲毛海岸駅前で、市民ネットワークの 議会通信 を配布しました。→ 議会通信の配布がスタートします

気温は約10℃で、今年の秋一番の冷え込みでした。

まだポケットに手を入れている人はいませんでしたが・・・ チラシに手を伸ばす方がどんどん減る季節です。

そこで、パソコン、スマホ、タブレットで読める 市民ネットワーク議会通信 をお届けします。

クリックすると拡大します。
<表面>
  ↓
議会通信 表面

page top
議会通信を配布@千葉みなと
市民ネットワークの 議会通信の配布 が始まりました。→ 議会通信の配布がスタートします

今朝の千葉みなと駅(交差点前)です。

千葉みなと駅

日差しは暖かいのですが、日陰は思いの外寒かったです。

季節は着実に秋から冬へと向かっているのを実感しました。

  # 明日は稲毛海岸駅前で、朝7時から8時までやっています!

page top
ごみ分別をすすめるために@多摩市の取り組み
千葉市には ごみ分別事典 があります。→ ごみ分別事典(50音順)

ごみの分別方法がよくわからず、不燃ごみ? 可燃ごみ? 資源? と迷ったときに、品目を入れればどれに該当するかを調べられる事典です。

とても便利な事典なのですが、あまり知られていません。

ーーーー

ワンルームマンションの周辺などでよく聞かれるのが ごみの出し方がきちんとしていない との苦情。

しかし、昨日の市民ネットワーク千葉県の研修で、多摩市の生活者ネットワークの方から面白い情報を得ました。

東京都多摩市は大学が多く、転入者も多いところです。そこで、

・ 大学のオリエンテーションの際、市のごみ担当の方が、ごみの分別方法を説明する。
・ 市役所にごみアドバイザーを置いて、転入者にアドバイスをする。

の取り組みをしているそうです。

「分別方法がわかれば、その通りできるのに」との声を生かして代理人(議員)が提案した結果、取り組みが始まったとのこと。

  #  どうすればいいか を具体的に提案することが大切です。

研修の際に示された注意事項
こちらも話し合いには大切な原則です。

話し合いの原則

page top
ネコ人気が続きますが…
ネコブームが続いています。

いろいろなグッズが売れ、アベノミクスならぬ ネコノミクス と呼ばれる状況のようです。

一方で、ネコをめぐる問題もあちらこちらで起こっています。

・ 自宅周辺が汚される
・ エサをやっている人がいる
・ 子猫が生まれそう

先日は、ネコ虐待ストップ の張り紙も目にしてしまいました。

虐待しないでの張り紙

我が家のネコに立ち上がるよう促しています。→ ネコの権利を守るには?

page top
議会通信の配布がスタートします
9月議会は10月3日に終了しましたが、ようやく 市民ネットワーク議会通信 ができあがりました。

京葉線沿線の駅前などで、議会報告をしながら配布の予定です。

<10月>
・ 24日(月) 午前7時から8時  千葉みなと駅 (美浜区側の交差点)
・ 25日(火) 午前7時から8時   稲毛海岸 駅前
・ 26日(水) 午前7時から8時   検見川浜 駅前
・ 27日(木) 午前7時から8時  海浜幕張 駅前(幕張メッセ側)

・ 28日(金) 午前11時から正午  検見川浜 フェリア前

<11月>
・  1日(火) 午前11時から正午  稲毛海岸 マリンピア前

緑の旗をみかけたら、ぜひ声をかけてください!

ネットの旗


page top
防災に役立つではなく、女性を酷使するツール?@液体ミルク
「法の壁」と「安全性」に阻まれて、日本では普及していなかった乳児用・液体ミルクですが → 防災に役立つ乳児用ミルク

ようやく「解禁」との報道がありました。→ 読売オンライン・乳児用の液体ミルク、解禁へ…育児の負担軽減

米国のスーパーマーケットの棚に並べられているミルク 
READY TO USE (そのまま飲ませる)と表示されている

すぐ飲める乳児用ミルク

ただ、気になるのは 災害時に備えて の視点ではなく、内閣府の男女共同参画会議の主導で話が進められていること。

  #  授乳はやっておくから働け! と言われているような複雑な気分

私自身の当初の思いとは離れて、女性がこき使われるための道具になるのではと心配になってきました。→ 女性が輝く社会 ではなく 女性をこき使う社会 では?

page top
10月18日は「市民の日」
10月18日 は 市民の日 でした。

千葉市は1992年(平成4年)から政令指定都市に移行しましたが、その前年の1991年(平成3年)10月18日に政令が公布されました。

これを記念して、その後、1995年(平成7年)にこの日を市民の日と定めたそうです。
ーーーーー
  
市民の日には、毎年、市のために長年尽力された方々に 市政功労の表彰式 がおこなわれます。

今年は、千葉市の地域資源 オオガハス の保存・管理をされている地域の方のお話がありました。→ 千葉市の花・オオガハス

今から2000年以上前のハスの実が、東京大学の緑地植物実験所(花見川区)から発掘されましたが、それが見事に開花して毎年、6月から7月にかけて市民を楽しませてくれます。

その実験所がなくなったあとも、地元で保存活動が行われており、観蓮会(観賞会ではない!)も開催されています。→ 花園ハス祭り観蓮会 

オオガハス は地域資源として、しっかり市民にも根づいています。

<オオガハスの妖精、市のユルキャラ、ちはなちゃん>

ちはなちゃん

page top
手帳が欲しくて…@スヌーピーのドーナツ
2017年のカレンダーや手帳が店頭に並び始めました。

どうしても欲しい手帳があったので、お店に行きました。

書店や文具店ではなく、ドーナツショップです。

ミスタードーナツの旗

スヌーピーの手帳を手に入れました♪ → ミスタードーナツホームページ

page top
子どもが健やかに育つ権利@ハーグ条約のこと
ベネズエラに在住していたころ、出国手続き にかなりのエネルギーを要しました。→ コロンビアの和平合意の話@ノーベル平和賞

麻薬の持ち出しを取り締まる必要があったため、荷物検査が厳格だったのですが、加えてもう一つ詰問される事項がありました。

15歳以下の子どもを連れて出国する場合、両親が揃っていないと 子どもの連れ去り を疑われたのです。

ベネズエラは、ハーグ条約 の締結国でした。→ 外務省ホームページ・ハーグ条約(国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約)

当時、日本はこの条約を締結していなかったのですが、離婚の際など、一方の親の同意なく子どもを元の居住国から連れ去ってしまうことが問題となっていたため、両親が揃っていない出国は厳しく審査されたのです。

また、日本では考えられないことですが、子どもたちが学校から修学旅行やキャンプに行く際、ベネズエラ国内であっても、公的機関作成の両親の同意書が必要でした。

そこで、日本人学校の修学旅行の際にも、「先生方が私たちの子どもを連れて旅行することを許可します」との書類を、指定の機関で作成し、子どもに持たせました。

国が家族の問題に介入することに違和感はありましたが、子どもが健やかに育つ権利を守る ための取り組みであると納得して対処していました。

ーーーーー

その後、2014年に日本もハーグ条約を締結しました。

両親の離婚後も、親子の面会交流の機会を確保 するなど、子どもにとっての利益を国が支援することを定めています。

面会交流によって、養育費が支払われるようになるのであれば、子どもの貧困を解決していく一助にもなります。

条例に合わせた法整備の一環として 親子断絶防止法案 が現在開会中の臨時国会へ提出される見込みとの報道がありました。

子ども支援の一方で、シェルターに避難する親子もいて、家族の問題はさまざまなケースがあり、個別支援が必要になる場合もあります。

今後の法整備にあたっては、さまざまな角度から議論をし、子どもが健やかに育つ権利 をどのように保障していくか、また、どうすれば確実に実行されるか(養育費の支払いなど) を考えていく必要があると思います。

page top
ネコも食欲の秋?
page top
第3回「大人の学校」を開催しました@市民ネットワークみはま
誰でも生徒、誰でも先生 になれる 大人の学校 ですが、

10月14日(金) に第3回目を実施しました。→ 第3回「大人の学校」を開催します!

1時間目は美浜区で活動する たすけあいサポートアイアイ のリアルな活動内容を聞きました。→ NPO法人 たすけあいサポート アイアイ

アイアイの説明

  #  階段昇降機 の利用依頼が増えています。何とか公的な仕組みにしなくては!


昼食をはさんで、2時間目は チョコレートのおいしい話 でした。

チョコレート

  #  先生のご厚意で 試食付き です。

チョコレートの種類や味から、現地で生産に関わる児童労働の問題まで、幅広く勉強する(味わう?)ことができました。


3時間目は  松井かよ子の (家政婦さんだけでなく) 議員は見た! 千葉市のあれこれ でした。

今回は、このブログ 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区) の記事を紹介しながら、ブログを書く際に心がけていること

・ 中学生・高校生でもわかる文章
・ 生活者の目線で発信
・ 何か1つは参考になる情報を提供

についてお話させていただきました。

最後に 帰りの会 で修了証が校長先生から一人ひとりに手渡されました。

大人の学校 修了証

次回開催予定は 来年1月 です。

ぜひ、大人の学校 にお越し下さい。

page top
この「水」はおいしい!@熊本
千葉市議会・保健消防委員会は、13日(木)も前日に引き続き、熊本市の障がい者福祉や医療に関する取り組みについて話を聞きました。→ 被災自治体から学ぶこと@熊本市

会場となった熊本市議会の会議室の机上には、ペットボトルの水と紙コップが置かれていました。

話を聞きながら、ペットボトルを開けて、紙コップに水を注いで一口飲んだところ、

とても美味しい!

と感激してしまいました。

会議後に、職員の方に「どこでこの水が買えますか?」とたずねました。

答えは「実は市販されていないのです。熊本の水源を守るため、限定でつくってもらっています。」とのことでした。

「残念・・・」と思っていたら、帰りの熊本空港のターミナルで、こんな冷水器を見つけました。

くまもんのついた冷水器

   #  もちろん飲んで帰りました。

熊本にはいろいろな名産品がありますが、おいしい水 は誇れる地域資源です。

page top
第3回「大人の学校」開催します!
誰でも生徒、誰でも先生 になれる 大人の学校 ですが、

7月に続き、10月14日(金) に第3回目を実施します! → 第2回「大人の学校」を開催しました!

第3回大人の学校チラシ

身近なたすけあい活動の話、チョコレートのおいしい話など、生徒になって聞いてみませんか?

参加申込は本日中に! → 市民ネットワークみはま

page top
被災自治体から学ぶこと@熊本市
地震、豪雨、突風など自然災害への備えは、どの自治体においても必要です。

10月12日(水)、保健消防委員会の一行は熊本市に移動し、災害や救急の取り組み について話を聞きました。→ 「国民皆保険制度」を維持するための取り組み@広島県呉市

<熊本赤十字病院の救命救急センター> 
 
救命救急センターの壁

今年4月の熊本地震で、壁のタイルが剥がれました。現在、建物に足場が組んであり、外壁を修復中とのこと。

地震当日、病院では電気・水道がストップし、電気は自家発電で復旧したものの、水道はしばらく復旧せず、給水車で対応するなどその確保に苦労したそうです。

  #   の重要性を再認識しました。 

また、熊本市は2012年に発生した川の氾濫で、家屋の片付けなどに多くの大学生が集まったことから、2014年4月 防災サポーター制度 を導入しました。

消防局からの要請により、物資の管理や負傷者の応急手当などをする役割で、今後、大学生が継続的にボランティア活動ができるようにするための取り組みです。

その防災サポーターですが、今回の地震ではあまり機能せず、要請回数は1回だけだったそうです。

  #  熊本はもともと 地震が来ない場所 と考えられていたらしい。

しかし、豪雨災害だけでなく、防災サポーター制度に他の災害への対応を加えて、今後充実させていくことは可能です。

被災自治体の取り組みに学びながら、千葉市での 防災の仕組みづくり について考えていきます。

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG