千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
【放射能汚染ごみ処分場問題】 指定解除の仕組み決定
福島の原発事故で発生した 指定廃棄物 (=1キログラムあたり8000ベクレルを超え、10万ベクレル程度の放射能を含んだごみ)ですが、事故から5年が経過し、放射能濃度が下がり、現時点で8000ベクレル以下になっている廃棄物もあるとされています。

これまで、指定廃棄物の 指定解除 (=環境大臣による指定の取り消し) はできなかったのですが、パブリックコメントを経て、4月28日、環境省は特別措置法施行規則の一部を改正し、指定解除の仕組みを決定しました → 【放射能汚染ごみ処分場問題】 指定解除に関する意見募集中@環境省

これを受けて千葉市では 解除申請 へと動き始めています → 指定廃棄物 千葉市、解除申請へ(読売オンライン)

指定解除の仕組みですが、国と一時保管者や解除後の処理責任者で協議が整うこと が前提となっていて、千葉市は前向きでも、千葉県は協議に入ることもできないのが実情です。

というのも、指定解除後の廃棄物の処理については、 廃棄物処理法に基づき、一般廃棄物は市町村、産業廃棄物は都道府県 が必要な指導・監督を行うこととなっており、解除後の対応も問われるからです。

  #  千葉県が 「国がやることだから」 と傍観視する姿勢は、施行規則が改正されても変わりません。

なお、パブリックコメントに対する回答の中で、環境省は

千葉県の指定廃棄物について、県内1カ所に集約して安全に管理するという方針に変わりはなく、できる限り早期に長期管理施設を設置できるよう、引き続き地元のご理解をいただくための取組を行ってまいります。

と述べています。

今後も指定廃棄物長期管理施設(=最終処分場)問題に注目していきます。

page top
「夜間中学」を見学してきました
夜間中学 をご存知ですか?

もともとは戦後の混乱期、貧困や家族離散などで 義務教育の機会を逃してしまった人たちに学習の場を提供する 目的でスタートした制度です。

仕事と学習が両立できるよう、夕方から1時間目が始まり、夜の給食をはさんで4時間目まで授業が行われます。

いまは外国籍の生徒も多く在籍し、日本語を教えるクラスも設けられています。

公立の夜間中学が設けられているのは8つの都道府県(千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫、奈良、広島)の31校ですが、そのうちの1つ 東京都葛飾区立双葉中学校 の公開授業に行ってきました → 双葉中学夜間学級

夜間中学専用のフロアが設けられ、壁には生徒たちの作品が飾られていました。

かべに貼られた絵

生徒の年代は10代から80代までと広く、多言語でこんな掲示もありました。

禁煙の多言語表示

現在、双葉中学校の夜間中学で学んでいるのは39名。

日本語力や学習の習熟度に応じて8つのクラスに分けられており、少人数できめ細やかな指導が行われています。

授業内容も年齢に応じて、生徒の興味や関心を引き出すような工夫がされています。

例えば「・・・したことがありますか?」「・・・したことがあります。」など、過去の経験を聞く日本語学習では、生徒たちから

・ パチンコをしたことがありますか?
・ お酒を飲んだことがあります。

などの例文が出ていました。

2015年の夏、文部科学省はこれまでの方針を転換し、中学校を卒業していても、不登校等の理由で実質的にほとんど通学することができなかった場合には、夜間中学への入学を認めるとの通知を出しました → 義務教育修了者が中学校夜間学級への再入学を希望した場合の対応に関する考え方について(通知)

さまざまな教育の機会が用意されるよう、法整備も今国会で行われる予定です → 超党派議連の法案成立へ 不登校の子に多様な教育を支援

文部科学省では、今後、夜間中学を少なくとも各都道府県に1校は設置できるよう、様々な支援を行い、設置を促進する方針ですが、千葉県では現在の市川市に加え、通学距離の観点からも数ヵ所の設置が考えられます。

市民ネットワークちば では 夜間中学プロジェクト を立ち上げ、ニーズ調査や設置のあり方についての検討を始めました → 市民ネットワークちば

さまざまな教育機会の一歩として、まずは 夜間中学 のことを広く知っていただきたいと考えています。

page top
大人の学校・開催しました!
誰でも生徒、誰でも先生 で お互いに学びあい、教えあう場 をつくる 大人の学校 を開催しました → 大人の学校・スタートします!

パーカーとジャケットを持っていきました。

・ 生徒の時はパーカー (リラックスモード)
・ 先生の時はジャケット (授業モード)

で参加です。

先生の時間には、市議会の話題を中心に、千葉市の話をしました。
ジャケット着用中

大人の学校のようす

  #  私自身は生徒として参加した時間に、未知の世界の扉を開けたような思いになりました。自分が漠然と知っていること、自分に関係ある分野だけの知識が、授業を受けることによって、全体が整理されたような印象を受けました。

楽しみながら、新しいことが学べる機会は貴重です。

次回は7月開催予定です。

page top
防災に役立つ乳児用ミルク
米国で子どもたちを育てていたとき、停電や大雪に備えて、買っていた乳児用ミルクがありました。

水を加えずに、そのまま飲ませることができる液体ミルクです。常温で与えます。

米国のスーパーマーケットの棚に並べられているミルク 
READY TO USE (そのまま飲ませる)と表示されている

すぐ飲める乳児用ミルク

吸い口さえつければ、いつでもどこでもミルクがあげられます。

普段は母乳だったので、このミルクを使う機会はほとんどなかったのですが、万が一の備えとして、持っていれば安心できました。

普通の食事が取れない乳児にとって、ミルクは重要です。完全母乳で育てていても、災害のストレスなどで母乳が出なくなってしまうことも起こりえます。また、災害時にきれいな水を確保するのは大変です。

事あるごとにこのミルクのことを言い続けているのですが、20年近く経った今でも日本では普及していません。

今日、ようやくその理由がわかりました → 液体ミルク、なぜ国内ダメ?地震で注目、ネット署名急増

・ 国内では食品衛生法に液体ミルクについての規格基準がなく製造販売できない。
・ 厚生労働省の担当者は「液体は微生物が繁殖しやすく、常温保存なので一つ間違えば危険。安全性を慎重に検証する必要がある」と話す。
・ 国内の大手メーカーも「すぐに商品化するのは難しい」という。

なるほど、法の壁 と 安全性 が問題とのこと。

認可に向けて、署名も始まっています(change org) → おでかけにも備蓄にも使える便利な乳児用液体ミルクを、日本でも製造してください!

 # 私も署名しました。

赤ちゃんを育てるすべての人たちが安心できるよう、この取り組みを応援します!

page top
続・ネコの権利を守りたい
熊本市のホームページに ペットとの避難 についての情報が載っています → 避難所へのペットと同行避難について

それによると、

1 災害が起こったとき、飼い主は ペットと同行避難する のが基本
2 しかし、避難所の居住スペース部分には、原則として ペットの持ち込みは禁止
3 ペットは、避難所の 屋外部分に指定スペース を設け、リードでつないだり、柵などで囲って飼育
4 大型動物・危険動物・蛇などの爬虫類の同伴を原則禁止

とのこと。

うーん、厳しいです。ネコは柵で囲っても逃げ出してしまいます。

   # カメやイグアナを飼っている人は連れていけない?

災害弱者と並んで、ペットの権利も守られるような仕組み 例えば ペット避難所 が必要だと感じます → 災害時にペットの避難をどうするか?

page top
ネコの権利を守りたい
猫カフェのネコの就労(?)状況について、報道がありました → 猫の労働、夜は何時までOK? 猫カフェ規制で議論

夜は10時まで働かされており、国際的に見ても、動物虐待 と言われかねません。

人間なら労働者の権利を守ろうと、当事者が立ち上がり、就労時間の規制を検討するところですが、ネコにはそれができません。

我が家のネコに、ネコ代表として選挙に出て ネコの権利を守ろう! と訴えるよう促していますが、残念ながら目の前のエサしか興味がありません。

りんごまで狙うネコ

りんごをねらう猫

遺棄された動物の保護と同様、今後考えていかなければならない問題だと考えます。

page top
続・共に生きる社会をつくるには?
多様性を尊重する千葉市のまちづくり と題する勉強会に参加しました。

LGBTチラシ

1月に開かれた LGBTシンポジウム が継続・発展したものです → 多様性が認められる社会に

今回は、千葉市のLGBT(性的マイノリティ)に関する取り組み や LGBTの国内外の動向について 話を聞きました。

千葉市でも ダイバーシティ(多様性)推進事業部 を設置して、いろいろな立場の人が働きやすい環境をつくろうとしたり、公的証明書において性別欄を廃止 したりなどの取り組みをしています → ダイバーシティ推進

しかしながら、すでに先進的な自治体ではおこなわれている 同性パートナーシップ証明 (例えば、公営住宅に同居家族として申し込みができる)の導入については、さらに市民への理解がすすまないと難しいこともわかりました。

また、人権教育 は 文部科学省、人権啓発 は 法務省 といった縦割り行政の問題も挙げられました。

性的マイノリティの人たちの権利が尊重される社会は、すべての人たちの権利が尊重される社会です。

そして、安心・安全に暮らせる社会 にもつながります。

いろいろな立場の人たちが共に生きる社会を、まずは地域から創っていきたいと考えています。

page top
共に生きる社会をつくるには?
東京都知事が海外出張の際、高額なホテルに宿泊したことについて批判が出ています → 都知事の海外出張費  首都圏3県知事から「高過ぎる」批判

この件については、東京都が経費の妥当性を検証する内部の検討会を設置したとのこと → 舛添知事  米国出張費298万5650円 妥当性検証、内部検討会を設置

しかしながら、妥当か、妥当でないかを判断するのは非常に難しいと感じます。

海外の場合、ホテルのランク だけでなく、ホテル周辺の治安や安全 も費用に大いに関係しているからです。

ーーーーー
2010年から滞在したベネズエラはとても格差が大きい社会でした。

空港には富裕層の人たちのプライベートジェット機が並び、(郊外ではなく)住宅街の真ん中にゴルフコースがあり、その周辺には立派なお屋敷が建っています。

一方、空港周辺から都心にいたるまで、貧困層の人たちの住まいが山肌に沿ってびっしりと並び、水道もない劣悪な生活や治安状況が目の前にありました。

格差のある社会では、富裕層は常に狙われます。

お屋敷には監視カメラがつき、有刺鉄線がはりめぐらされ、鉄格子の玄関が複数つくられ、警備員が配置されていました。

ホテルも外国人が滞在するようなランクのホテルは同様の警備がされていました。

しかしながら、セキュリティにどれだけお金をつぎこんでも、100%の安全は確保されません。 → 格差の大きい国で学んだこと

ーーーーー

格差のない社会 は 安心・安全に暮らせる社会 です。

経済格差というグローバルな課題に立ち向かい、共に生きる社会をつくる ために、私たちはどのような議員を国政に送るのか、今年の参議院選挙で有権者1人1人が問われています。

小西ひろゆきさん(千葉県選挙区) → ホームページ

大河原まさこさん(全国比例区) → ホームページ

の訴えにぜひ耳を傾けていただきたいと思います。

page top
大人の学校・スタートします!
昨年、市民と議員の意見交換会で 教えたいことや学びたいことをお互いにやりとりできる場があるとよい との話が出ました。

趣味の延長の話とか、ちょっとしたコツとか、自分の知っていることをみなさんに披露していただき、それによって、新たな発見をしたり、今よりも暮らしを快適にすることができればと考えました。

そこで、地域の人たちが学びあう場 をスタートします。

大人の学校 です。

大人の学校

4月28日(木)に1日実施します。遅刻、早退も可能です。

誰でも生徒、誰でも先生 ですので、次回、先生をしてくださる方も歓迎です。

ぜひ、ご連絡ください → 市民ネットワークちば・みはまネット 

page top
醤油サイダー
千葉の産物が購入できる 房の駅 に寄りました → 房の駅

 ご当地サイダー を買いました。

醤油サイダー

千葉の銚子や野田などは醤油の産地です。

利根川を利用して江戸まで醤油を届けていました。

  # 家族に飲ませたら コーラみたい と言われてしまった。

京葉道路のパーキングエリア パサール幕張 にも売っています → パサール幕張

page top
千葉氏の漫画
本日開催された教育委員会会議を傍聴したところ  → 教育委員会ホームページ

千葉氏の 漫画 と 動画 がホームページに掲載されているとの話がありました →  平成28年(2016年)は千葉開府890年

漫画は市内小中学校、特別支援学校に配布され、図書室や授業で活用されるそうです。

・ 漫画 「千葉常胤公ものがたり」 ebook → ここ

千葉氏漫画表紙

・ 動画 「千葉常胤公ものがたり」




漫画を見て気づいたのですが、女性のキャストが登場しません。

ようやく見つけた女性の絵は、跡継ぎを抱いた女性 でした。

  #  都市アイデンティティの醸成を急ぐのではなく、もう少し 時間をかけて 歴史的な考証をしてから漫画を作成してもよかったのでは? 

page top
災害に備えたい
熊本県を中心とした大規模震災で、多大な被害が出ています。

地震は未だ終息せず、被災された方々は夜も落ち着いて眠れない日々を過ごしておられます。

心よりお見舞いを申し上げます。

----

災害時にいつも感じることですが、

社会的弱者 = 災害弱者  になってしまいます。

テレビにうつっている 行列に並ぶ人たち  の背後には、行列に並ぶこともできない 人たちが存在します。

身体を自由に動かすことが難しかったり、子どもの面倒をみなければいけなかったり、ペットを連れていたり… 少数者の立場や意見を尊重する必要があります。

1年前の選挙で、私自身は以下の公約を掲げました。

【まちづくり】 
市民参加で災害弱者を出さない対策づくりを


いろいろな立場の人たちが参加して、声をあげ、災害時に困らない体制をつくっていく必要を感じます。

市民ネットワークちばで作成した 防災マイ・パスポート もぜひ参考にしてください → 防災マイ・パスポート(pdf)

page top
カード形式の「ふれあいパスポート」
千葉市の小学生・中学生に配布される ふれあいパスポート 

ふれあいパスポート

土曜日を中心に、プールや映画館などの施設が無料になったり、割引されたりします → 「ふれあいパスポート」のご案内

このパスポート、現在は財布にも入るシンプルな カード 形式 ですが、以前は パスポート 形式 でした。

パスポートサイズの冊子に、各施設の紹介や市長の挨拶まで載っていました。

  #  市長がかわったとき、子どもが 「このパスポートは無効になるのではないか?」 と心配していた。

このパスポートのおかげで、大人も子どもと一緒にいろいろな施設で楽しませてもらいました。

ぜひ、ご活用を!

page top
強風の日
今日は風が強く、京葉線が運休していました。

自転車や道路においてある表示も倒れていました。

転倒している表示

打瀬は通常から風の強い地域です。木も風にあおられて横を向いています。

まがった木

  #  電車が運休する時は、ドローンも運休? 

強風の日の実証実験はどうなるのかと思ってしまいました  →  初回は無事終了@ドローン飛行実験

page top
わかりづらい表現を反省@意見交換会
本日、美浜文化ホールで 市民と議員の意見交換会 がおこなわれました → 市民と議員の意見交換会のご案内

  #  いろいろな意見をいただきました。ありがとうございます。

<意見>
・ 議会通信の市民アンケートに 「千葉市政 に対するご意見などありましたらお書きください。 」とあるが、千葉市政といっても何を書けばよいのかわからない。もう少し具体的に書いて欲しい。

  #  市政 は 市政だより など 一般的に使われていると思い込んでいました。次回はさらにわかりやすい言葉にします。


・ 市の広報でカタカナ用語を使う必要があるのか。わかりやすい用語にしてほしい。

  # 確かにそうです。千葉市のホームページを見ても、「ポータルサイト」とか「ウエブアクセシビリティ」などカタカナ用語がたくさんあります。

しかし、最近、千葉市が提案した 

キッズ・アントレプレナーシップ 

が、パブリックコメント(意見募集)により、

ちばっこ商人(あきんど) 

の名称に変わることになりました。

子どもたちの起業意欲を高めようとする事業ですが、関係者だけでなく、広く市民に理解される必要があると思います。

  # この言葉、わからない などのご意見をお寄せ下さい!

page top
千葉みなと駅前の海辺が変身
JR千葉みなと駅を降り、海側のロータリーを過ぎてまっすぐ(約5分)進むと、海に突き当たります。

眼前に広がる景色が今までと違います。

桟橋

海辺の旅客船ターミナルと桟橋が完成しました。

これまで、駅から離れた桟橋で運行していた観光船もこのターミナルから発着します → 千葉みなとを外から眺めると

エサにつられてかもめが追っかけてくる船

かもめとふね

千葉みなとにぜひお出かけを → 千葉中央港地区港びらきイベント

page top
パブリックコメント募集中@保育の規制緩和
保育士不足 の影響で、待機児童の発生などさまざまな影響が出ています → 続報・議会通信「保育園落ちた」のコラム

そこで、保育の担い手を確保するため、国では省令の改正を行いました。

規制を緩和して、人手不足に対応しようとしています。

この流れを受けて、千葉市でも条例改正案が提案され、現在、パブリックコメント(意見募集)が行われています → 保育士等配置要件緩和に関する条例改正(案)パブリックコメント手続実施シート

注意すべきは 保育の担い手 は 保育士でなくてもよい こと。

待遇改善はせず、とにかく 人手の確保 をしたいと、全国的に条例の改正がすすめられようとしています。

しかしながら、

規制緩和 → 保育の担い手増 → 入所児増 → 保育の担い手の仕事量増(でも給与はかわらず) → 待遇の悪さから離職 → 担い手不足で入所児受け入れられず  

と悪循環におちいる可能性が高いです。

まずは、

・ 勤務中の保育士を離職させない施策
・ 潜在保育士が仕事に戻ってくる施策

が必要です。

保育の現場の声をぜひパブリックコメントに反映させたいと思います。

page top
市民と議員の意見交換会のご案内
議会通信の裏面 にもお知らせをさせていただきましたが → 議会通信にご意見を!

4月後半に千葉市全区で 市民と議員の意見交換会 をおこないます。

第1弾は 16日(土)午後1時半から (3時半まで) 美浜文化ホール (美浜区役所となり) で開催します。 → アクセス

  # 質問の時間をたくさんとって、みなさまの声をお聞きしたいと考えています。ぜひ、ご参加を!

4月16日のイベントチラシ

page top
続報・議会通信「保育園落ちた」のコラム
保育園落ちた の匿名ブログでクローズアップされた 保育園の待機児童問題

議会通信表面のコラム 「保育園落ちた」は千葉市でも!? に記載した際には、まだ情報が動いていたため、?マーク をつけさせていただきました → 議会通信にご意見を!

そして本日、今年4月1日時点での待機児童数が発表されました。 

11名 (昨年は0名だったので、11名増) となったそうです。

また、入所待ち (認可外の保育ルームを利用したり、特定の保育園のみを希望したりしている)は 632名 (昨年比 290名増) でした。

待機児童ゼロにならなかった理由としては

・ 入所申し込み数の増加
・ 保育士不足で、最大受入可能数が減少

とのこと。

やはり保育士の確保(=待遇改善)に向けて、抜本的な対策が必要です! → 保育士の待遇改善が必要

page top
初回は無事終了@ドローン飛行実験
ドローン飛行のデモンストレーションが行われました。 → ドローンがやってくる@4月11日

本体下部のカゴに入ったワインや薬は無事届けられたようです。 → 安全、プライバシー保護課題=ドローン宅配の実験スタート-千葉・幕張(時事通信)

これから実用化に向けて、月1回程度実験を続けるとのこと。

安全性の確保やプライバシーの保護 についても、市民の意見を聞きながら対応するよう要望していきます。

  #  個人的には、ピザの中身がずれないか、温かいまま配達されるかについても実験して欲しい

赤い矢印がドローン (遠くから眺めると小さな点のようです)

飛ぶドローン


© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG