千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
年越しはブドウで
今日は大晦日です。

昨日(30日)真砂5丁目で市民ネットワークの政策宣伝をしました。その帰りに、生活クラブの真砂デポーに寄ったところ、立派なブドウを見つけました。青森産のスチューベンです。(→ スチューベン

ベネズエラでは年末に大量のブドウが売られていました。スペイン語圏の国々では、年越しの合図と同時に、ブドウを12個食べ、新しい年の幸運を祈ります。一気に食べられるように、串刺しのブドウも売り場に並んでいます。

買ったスチューベンを房から外し、串刺しにしてみました。
スチューベン


我が家の年越しはそばと甘いブドウです。
page top
ネコとウサギが共生中
昨日、我が家のネコの話を書きましたが、(→ 千葉市議会の議事録に登場したネコ) 冬休み中のいま、親戚のウサギを預かっています。

ウサギは草食動物で、ネコは狩りをする肉食動物です。どんな血みどろのバトルになるかと心配したのですが・・・

恐れを知らない元気なウサギに、高齢ネコは圧倒されて別の部屋にこもっています。このまま何も事件は起こらず、無事飼い主に返すことができそうです。

ところで、ベネズエラでの生活を始めた時、私はスペイン語ができませんでした。しかし日常生活ではまったく英語が通じません。そこで、いつも辞書を持ち歩いて、わからない単語は片っ端から調べながら暮らしていました。

あるとき肉屋に行き、何かよくわからない肉を目にしました。「何だろう」と思って、表示されている単語を調べたところ「ウサギ」とありました! 確かに耳の部分と、足の先に少し毛が残っています。

パエリアなどのスペイン料理にはウサギの肉(conejo)がよく使われています。スペイン方面へ旅行に行かれる方はぜひお試しを。
page top
千葉市議会の議事録に登場したネコ
我が家にはネコがいます。磯辺公民館の前にある「タコ公園」にいたネコを保護しました。

タコ公園
たこ公園

正式名称は「磯辺第2公園」でした(知らなかった!)
磯辺第2公園の表示

ネコを保護したとき、千葉市の対応に疑問を持ったので、当時市民ネットワークの代理人だった常賀かづ子さん(稲毛区)の一般質問に入れてもらいました。ネコの話が千葉市議会の議事録に登場したのです。

<千葉市議会議事録 2008年10月1日 平成20年第3回定例会(第9日目)>
 次に、動物愛護についてです。 (一部略)
 千葉市内のある公園に人懐っこい雌猫が遊びに来ていました。小学生の子供たちにかわいがられ、ベリーという名前もつけられていました。あるとき、ベリーのおなかが大きくなっていました。と同時に、つけていた首輪が外され、どうやら捨てられてしまったようです。その後、ベリーは近所の家の物置で子猫を4匹産み、小学生が時々与えるえさなどを食べながら、お乳を出し、必死で4匹の子猫を育てていました。子猫がいることを知った近所の大人が物置の持ち主に、このままでは近所迷惑になるから、すぐに動物保護指導センターに連れていきなさいと話に来たそうです。(以下略)

続きは 千葉市議会会議録の検索と閲覧 をご覧ください。「常賀かづ子 動物保護 猫」と検索すると平成20年10月1日の質問と答弁が出てきます。

いまベリーはストーブの前で気持ちよさそうに寝そべっています。
page top
映画「サウンド・オブ・ミュージック」が題材です
28日(日)の午前中、検見浜でEnglish! に参加してきました。今回も約20名の参加で、活気に満ち溢れています。

サークル前半では、ファシリテーターTさんの指示に従い、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のリスニングをしたり、短文を作ったりしました。今回はエーデルワイスの歌も登場し、映画はいよいよクライマックスへと突入していきます。

ところで、日本で「サウンド・オブ・ミュージック」といえば、美しいアルプスの風景、オーストリアの立派な邸宅、愛らしい子どもたち、ドレミの歌などが有名ですが、なぜかスペイン語圏では

逆らう修道女

とのタイトルがついています。ベネズエラで書いていたブログ 「ベネズエラでの暮らし」でもとりあげました。→ サウンド・オブ・ミュージックのタイトルは?

こんなタイトルだったら、日本では流行らない! と聞いてみたことがありますが、スペイン語圏(=カトリック信者が多い)では

修道女が結婚するなんてありえない。だからこれは「喜劇」

とのこと。

なるほど、修道女のマリアは、結婚はするし、カーテンで子どもたちの服はつくるし、父親の命に反して子どもの気持ちに寄り添うし、最後はオーストリアを併合したナチスドイツに対抗して、アルプス越えまでしてしまいます。

映画を売るための戦略? いずれにせよ、日本では「サウンド・オブ・ミュージック」がぴったりです。
page top
「議会報告」の配布
12月24日から12月26日にかけて、千葉市議会第4回定例会(11月28日~12月17日)の議会報告を配布しました。

美浜区には「海浜幕張」「検見川浜」「稲毛海岸」「千葉みなと」の4つの駅があり、朝7時から8時までの1時間、1日1か所ずつの配布です。ただし、今回は検見川浜駅のみ日中午後になりました。 

マスコミで取り上げられるのはもっぱら国政の情報ですが、市政の情報は私たちの暮らしに身近なものばかりです。たくさんの人たちに関心を持っていただけることを願って配布しました。

なお、市民ネットワークに限らず、市議会議員が出す議会報告は公費(=政務活動費)から支出されています。

議会報告表面
議会報告表面

議会報告裏面
議会報告裏面
page top
「ちば市政だより」には載りません
昨日(12月25日)紹介した 日本庭園 見浜園 ですが、1月1日付の「ちば市政だより」を見てもどこにも載っていません。

年末年始も無休で開園する素晴らしい施設なのですが、「新春の催し」コーナーにも取り上げられていません。

紙面から察するに、幕張海浜公園は「千葉市」の公園ではなく、「千葉県」の公園だからでしょう。

ちなみに、「ちば市政だより」には稲毛海浜公園にある稲毛記念館の茶室での呈茶情報が出ています。→稲毛記念館

でも・・・ 私たちが日々生活するときには、「市の公園」「県の道路標識」「市の道路」「県の信号機」「市の高校」などと意識することはほとんどありません。すべて「公共施設」の認識です。

県と市に限りませんが、行政の「縦割り」を排除するにはどうすればよいか?

見浜園は広く世界に向けて日本の伝統文化をアピールできる施設なのに、本当にもったいないと感じています。
page top
日本庭園 見浜園 
海浜幕張駅から南へ徒歩7分、ホテルニューオータニ幕張の隣に日本庭園 見浜園があります。

ホテルやオフィスビルを背景に、数寄屋造りの茶室と自然庭園の景色を堪能できます。
茶室と自然庭園

千葉にはあまり雪が降りませんが、松の木には雪吊りが施してあります。
松の雪吊り

蹲(つくばい)で手を綺麗にして
つくばい

お菓子と抹茶をいただくことができます。予約不要です。
お菓子と抹茶

ふらりと立ち寄って、静かな時を過ごすにはもってこいの空間です。年末年始(大晦日も元日も)開園しているそうです。

開園時間 8時から17時

入園料 大人100円、小人50円

茶室 9時から16時30分(お菓子とお茶 500円)

詳細は → 県立幕張海浜公園 見浜園

英語のガイドブックにも載っています → Japan Travel
page top
クリスマスにふさわしくない光景@高洲
今日は12月24日、クリスマスイブです。街にはきれいなイルミネーションが輝いています。

でも、高洲のマリンピア横の光景はちょっと違います。

クリスマスのさくら

桜が開花しました!
page top
ワンコイン親子サークル@真砂
検見浜でEnglish! を主宰し、ファシリテーターをされているOさんがワンコイン(500円)で参加できる親子サークルを開始しました。

大人だけでもOKとのお誘いがあり、興味津々で参加してきました。

親子でGoグローバル!

グローバル とついてはいますが、純粋な英語サークルではありません。

リハビリのようなちょっとした運動をしたり、頭の体操のようなパズルを解いたり、歌をうたったりと内容盛りだくさんで、脳をフル回転させていろいろな角度から物事を見てみようとの意図を感じることができました。

難しいパズル、結局解けなかったのですが、はまってしまいました・・・

詳細はホームページで確認ください。会場は真砂コミュニティセンターです。 →親子でGoグローバル!
page top
市民ネットワークみはま「まちづくり通信」
市民ネットワークでは、市議会終了後に「まちづくり通信」を年4回発行しています。

代理人による市議会報告のほか、市民ネットワークみはまの活動などを掲載し、ボランティアの手によって美浜区全戸に配布されます。

ポストに届きましたらぜひご覧ください。なお、駅前やショッピングセンター前でも配布しています。

9月議会(9月~10月)終了後の「まちづくり通信」(第81号)です。

表面
まちづくり通信表面

裏面
まちづくり通信裏面
page top
ブログのアドレスは「みはまいちにいちに」
子どものころから珍しいものを見たり、変わった体験をしたりすることが好きでした。学校の社会科見学、遠足、修学旅行は大のお気に入りでした。

大人になってからも社会科見学ができると考え、社会科の教員になりました。その傾向はずっと変わらず、今に至っています。

市民ネットワークみはまの活動で、美浜区内のいろいろな場所に出かけますが、毎回違う発見があります。

美浜区内をいちにいちにと元気に歩こう、そして情報発信をしようと、このブログのアドレスを mihama1212 にしました。

検索ワードですが

「松井かよ子 ブログ」 もしくは 「mihama1212」 と入力すると一番上に出ます。お試しを。
page top
キューバの新聞が読めます
米国とキューバが国交正常化交渉に入るとのニュースが報道されました。

50年以上にわたる国交断絶から大きな政策転換が行われようとしています。地理的には海ひとつ隔てただけの近い国ですが、今までは定期航空便もなく、両国は遠い国でした。

しかし、私たち家族が2010年から滞在したベネズエラ(→プロフィール参照)では、キューバは距離も関係も非常に近い国でした。

今は亡きカリスマ指導者、ベネズエラのチャベス大統領は、中南米の社会主義体制の祖であるフィデル・カストロと厚い親交がありました。

ソ連崩壊後、経済的に困窮したキューバは、天然資源に富むベネズエラとの関係を深めるようになりました。破格の値段で原油を譲り受け、それと引き換えにキューバ人医師をベネズエラの貧困地区に送りこんでいました。

しかし、原油価格の下落によるベネズエラ経済の悪化など、今後のキューバの国家運営が危うくなってきました。このタイミングでの国交正常化です。国際情勢の中では自然な流れであると受けとめています。

さて、美浜区のジェトロ・アジア経済研究所図書館でキューバの政府新聞(共産党機関紙 グランマ)が読めます。スペイン語で書かれたタブロイド判の新聞ですが、紙ベースのものは日本でもかなり珍しいそうです。

オリジナル情報を入手できる図書館、これは貴重な地域資源です。

ジェトロ・アジア経済研究所  美浜区若葉3-2-2  海浜幕張駅北口から徒歩10分です
page top
多世代交流ステーション にこりこ @高洲
高洲第一ショッピングセンターにある 多世代交流ステーション にこりこ 

にこりこの入り口

空き店舗がきれいにリフォームされて、親子が自由に遊んだり、講座に参加したりできる場所になっています。ベージュのフローリングの床は、外の寒さを感じさせないほど明るい雰囲気です。

毎月第3火曜日の午前中に行われている 「絵本家ふぇ」 に行ってみました。12月はクリスマスの絵本やクリスマスソングを楽しんだり、オーナメントを親子で制作したりといった内容です。プログラムも工夫されていて、前半はよちよち歩きの親子向け、後半は就園前の親子向けでした。

講座の後、残ってみんなでランチを食べながら情報交換やお喋りを楽しんでいるそうです。ショッピングセンターの中にあるので、ランチも目の前のお店で買えます。

そういえば、娘が高洲の子どもルームを利用していたころ、このショッピングセンターの駄菓子屋で「おやつを買う日」を楽しみにしていたことを思い出しました。

ふらりと寄れる居場所が美浜区のあちらこちらにできると、暮らしやすい地域になりそうです。

情報紙やチラシがたくさん置いてあります
情報紙やチラシが置いてある

買い物の途中で・・・これは便利です
おむつかえもできます

多世代交流ステーション にこりこ  美浜区高洲2-3-14 高洲第一ショッピングセンター内
page top
市の施設の管理運営は誰がやればよいか?
昨日(12月17日)、千葉市議会は第4回定例会の最終日でした。採決の日であるため、傍聴人が普段よりも多く、その結果を見守っていました。

各委員会から議案についての報告があり、続いて会派別の討論があります。

「なぜその議案に反対なのか」「何が課題なのか」 が討論を傍聴するとよくわかります。

今回の議会では、市の施設の管理運営を委託する「指定管理者の指定」について、6か所の議案が出ていました。「非公募で指定」の施設もあるのですが、公募すれば、地域の意欲ある団体が出てきて、住民に身近な運営ができる場合もあります。

市としては管理運営の「安定性」を重視しているようですが、利用者の声を聞き、市民本位の施設管理のあり方を考えてほしいと願っています。

私自身は区内のコミュニティセンターをよく利用していますが、ホールには椅子がありません。椅子を置くと、利用者がサークルの後に残ってお喋りしたり、居座ったりすると思われているようで、市の指定管理者が撤去しています。

普段はお弁当を持ち歩いているのですが、午後1時からのサークルにあわせて少し早目にコミュニティセンターに到着しても、昼食をとる場所がありません。

そこで、近くのショッピングセンターのベンチで食べています。

最近のショッピングセンター、スーパーマーケットは、椅子がたくさん置いてあり、買い物の途中でちょっと一休みできるようになっています。

「民間施設ではできても、公的施設ではできない?」

いつも複雑な気分でいます。
page top
せっけんを効果的に使うには?
昨日、せっけんの話を書いたところ

「ひどい油汚れはせっけんではとれない」
「食器用洗剤を混ぜて使っている」

などの意見が寄せられました。

確かに、食器用洗剤の感覚でせっけんを使うと、洗っても「ヌルヌル」感があります。そこで、我が家では古いタオルや衣類をカットしたボロ布を用意しています。
食器をふくボロ布


汚れがひどい食器は洗う前に汚れをとります。
ぼろ布で食器を拭く

古いタオルや下着が片づくと同時に、ストレスなくせっけんが使えます。
page top
泡立ちが抜群のスポンジ
水仕事には辛い寒い日々が続きますが、マイブームのスポンジのおかげで快適に過ごしています。

せっけんがよく泡立つスポンジです。生活クラブ生協で購入できます。
泡立ちのよいスポンジ

せっけんをよく泡立てて、床掃除などにも使っています。
石鹸で床掃除

3個入りのせっけん(220円+税)を「キッチン」と「浴室」と「洗面所」に置いて、食器洗いも洗顔も入浴も掃除もすべてこれで済ませています。食器洗い洗剤、洗顔フォーム・・・などそれぞれ購入する必要もなく、とても経済的です。
3個入りせっけん

せっけんのおかげで手荒れもありません。水仕事でお悩みの方、お試しを。

生活クラブ生協真砂デポー  美浜区真砂5-21-12  千葉西警察の前の道をまっすぐ西に進みます。花見川にかかる橋の手前です。
page top
国民投票に備えたい
衆議院選挙の投開票の結果、政権与党(自民党と公明党)が3分の2以上の議席を獲得することになりました。

「3分の2」が持つ意味は大きいです。これまで一度もなかった憲法改正の発議、そして国民投票の実施が現実味を帯びてきました。

国民投票については、今年6月に「憲法改正国民投票法」が公布・施行され、平成30年6月20日より後に実施される場合は投票権が18歳以上となりました。それまでに実施される場合は、20歳以上が対象です。

国民投票によって市民の政治参加を促し、民意を確認していくことは重要だと考えます。ただし、国民投票にあたって、国民に利点も欠点も含めて正確な情報が開示されること、マスコミもその情報をきちんと報道することが求められます。

今回の選挙で気になったのが投票率です。千葉市選挙管理委員会の情報によると、美浜区の投票率は57.95%。有権者100人のうち、58人が投票し、42人は棄権したことになります。

さまざまな事情で投票に行けなかった方もいるでしょう。でも「憲法改正」は「次の選挙でリベンジしよう」というレベルの話ではありません。国の今後のあり方に関わってくる重要な選択をすることです。

「国民投票」に備えるにはどうしたらいいか、地域政党とはいえ、市民ネットワークにも突きつけられた課題と考えています。
page top
神田外語大学の学生食堂
海浜幕張駅の北、渋谷幕張高校と昭和秀英高校の西側に神田外語大学があります。

土曜日、日曜日は学生食堂が一般開放されていると聞き、行ってきました。

アジアン食堂「食神(しょくじん)」です。

学生食堂のイメージからは遠く、アジアの屋台でカジュアルランチを食べているような感じです。実際の屋台が置いてあったり、各国のスパイスが並んでいたりと、食べるだけでなく、アジアの雰囲気も楽しめる空間です。

ランチはワンプレートで、アジア5か国(中国、韓国、インドネシア、ベトナム、タイ)から料理が選べます。ベトナムのプレートにしてみました。麺とデザートもついて、ボリューム満点です。
ベトナムプレートのランチ

キャンパスの入り口からこんな表示があちらこちらに出ています。
食神の掲示

週末は美浜区にいながら、ちょっと変わった体験ができそうです。
page top
市議会の傍聴
千葉市議会は1年に4回開催されますが、今は11月末からスタートした議会(第4回定例会)の真っ最中です。

昨日、市民ネットワークの議員の一般質問を傍聴してきました。

今回の質問の1つ「学校給食について」は、市民ネットワークのメンバーが一緒に考えたものです。

「中学校の給食時間が短かすぎる」
「給食を残す生徒が多い」
「何とかならないものか・・・」

こんな疑問から始まった質問です。一緒に教育委員会へ聞き取りに行ったり、子どもたちへのアンケート結果を読んだりと、千葉市の学校給食への取り組みを知るきっかけになりました。

でも、一般市民にはその取り組みがあまり伝わりません。市議会での質問・答弁がもっと身近なものになるよう情報発信に工夫が必要です。

市民ネットワークでは議会後には議会速報を発行し、朝、駅などで配布しています。ご希望の方は市民ネットワークみはままでご連絡ください。
page top
ミントは安全か?
11月22日に ミント群生地 の記事を載せたところ、「そのミントは口に入れても大丈夫?」と聞かれました。

懸念その1  通り沿いなので、犬が散歩中にオシッコをしているかも
懸念その2  放射能汚染が心配

懸念その1は、現場を目撃したことがないのでわからないのですが、懸念その2は調べることができます。そこで、千葉市民放射能測定室 しらベル に依頼してみました。検体を届けた翌日、写真とともに調査結果が送られてきました。

まずは検体を採集します。空気が入らない状態で1リットル必要とのこと。
ミントを押しながら、牛乳パックにぎゅうぎゅう詰めていきます。
土は入らないほうがよいので、はさみで切り取りました。
ミント採集

検体は測定室で細かく刻まれます。
ミントを粉砕する

測定用の容器に移されます。
測定容器に移します

ちょうど1リットルありました。
検体のミント

調査報告書によると、

放射性ヨウ素 不検出
放射性セシウム134 不検出
放射性セシウム137 1kgあたり4.0ベクレル検出(誤差 ±1.5)

この数値は厚生労働省の基準100ベクレルの範囲内です。また、お茶にした場合は、薄まってほとんど検出されない濃度になるとのこと。

ここから先は各自の判断になります。

「少しでも放射能が入っているとダメ」という方と
「100の基準で4しか入っていないのだからこのくらいはOK」という方に
わかれるそうです。

調査報告書も届いていますので、ご覧になりたい方は市民ネットワークみはままでご連絡ください。
© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG