千葉市議会議員(美浜区選出・1期目)として活動中。市民目線で情報発信しています!
page top
ブログスタートのご挨拶
はじめまして。松井かよ子です。

松井写真

2015年4月の千葉市市議会議員選挙の候補予定者です。

議会はいま、お金の使い方や議員のモラルなど、あらゆる意味で世間の注目を集めています。

このような時だからこそ、市民ネットワークが目指し続けてきた「情報公開」と「市民参加」の政治をさらに拡げ、市民1人1人の声がいきる政治の実現に力を尽くしたいと考えています。

このブログが「情報公開」の一翼を担うことができるよう、今後発信を続けていきます。
page top
名古屋弁が母語です
1963年(昭和38年)に名古屋市で生まれ、大学を卒業するまで過ごしました。その後標準語を覚え、今では立派なバイリンガル(名古屋弁と標準語)です。

<名古屋のタクシーでの会話> (ラジオのプロ野球中継を聞きながら)
運転手 「勝っとるがや。」(←中日ドラゴンズが勝っている)
私 「調子ええねえ。今年はよーけ勝っとるね。」
運転手 「まんだ安心しやあすな。」

主語はなくても、会話が成立します。
page top
盲学校で仕事をしました
学校を卒業して、東京都内の盲学校に社会科教員として赴任しました。右も左もわからない状態でしたが、1週間で点字を覚え(るように仕向けられ)、すぐに新年度がスタートしました。

ちなみに「点字」は視覚障害者が使う文字ですが、通常の筆記文字、印刷文字は「墨字」(すみじ)と呼ばれます。

近くの駅で視覚障害の生徒や教員に出会うと、右肩を貸して介助するのが日常でした。視覚障害者は右手に白杖を持ち、左手を介助者の右肩に置いて、すぐ後ろを歩きます。

今でも視覚障害の人を見かけると「ご一緒します」と言いながら、無意識のうちに右肩を出してしまいます。
page top
保育所入所の課題
仕事を始めて5年目に出産し、産休と育休を1年間取りました。

当時の一番の関心事は「育休後の保育所入所がスムーズにいって、職場復帰できるか?」でした。20年前も状況は今とあまり変わらなかったのです。

保育所の状況は住んでいる市町村によって違います。職場の人たちの情報に耳を傾けつつも、まずは足元の情報を集めようと、生まれる前から市役所(当時は船橋市在住)に通って、確実に入所できる方法を調査しました。

当時は保育所の数も限られていて、家族のサポートがない場合は、入所しやすい自治体に引っ越しをして乗り切るケースも多々ありました。

私達家族が住んでいた地区は、昔からの住宅が多く、子育て世代があまり多くありませんでした。そのため、年度途中でありながら入所可能となりました。

保育所の「合格通知」は本当にうれしいものです。入学試験や資格試験は自分の努力次第で結果がついてきますが、こればかりは今も昔も変わらず「運」と「偶然」に左右されます。

しかし就労環境が人の手でどうすることもできない運と偶然で決まるのはおかしいのです。自治体がきちんと子育て環境の整備をすること、非常に大切だと考えています。
page top
盲学校勤務で学んだこと
「ハンディキャップ」の由来をご存じですか?

昔、障害のある人が手(ハンド)に帽子(キャップ)を持って物乞いをしたことから、社会的に不利な立場にある人たちを指すようになったそうです。

盲学校に勤務していた頃、生徒に「声をあげること」の大切さをわかってもらいたいと考えていました。不自由なこと、不都合なことを当事者自ら周りに伝えることで、少しでも状況の改善につながればと思ったのです。

障害のある人をハンディキャップにしてしまうのは、社会の仕組みが整備されていないからです。当事者とともにより良い方向性を探っていくこと、そして外の世界に働きかけていくこと、この時期に学んだことです。
page top
ブログのアドレスは「みはまいちにいちに」
子どものころから珍しいものを見たり、変わった体験をしたりすることが好きでした。学校の社会科見学、遠足、修学旅行は大のお気に入りでした。

大人になってからも社会科見学ができると考え、社会科の教員になりました。その傾向はずっと変わらず、今に至っています。

市民ネットワークみはまの活動で、美浜区内のいろいろな場所に出かけますが、毎回違う発見があります。

美浜区内をいちにいちにと元気に歩こう、そして情報発信をしようと、このブログのアドレスを mihama1212 にしました。

検索ワードですが

「松井かよ子 ブログ」 もしくは 「mihama1212」 と入力すると一番上に出ます。お試しを。
page top
ネコとウサギが共生中
昨日、我が家のネコの話を書きましたが、(→ 千葉市議会の議事録に登場したネコ) 冬休み中のいま、親戚のウサギを預かっています。

ウサギは草食動物で、ネコは狩りをする肉食動物です。どんな血みどろのバトルになるかと心配したのですが・・・

恐れを知らない元気なウサギに、高齢ネコは圧倒されて別の部屋にこもっています。このまま何も事件は起こらず、無事飼い主に返すことができそうです。

ところで、ベネズエラでの生活を始めた時、私はスペイン語ができませんでした。しかし日常生活ではまったく英語が通じません。そこで、いつも辞書を持ち歩いて、わからない単語は片っ端から調べながら暮らしていました。

あるとき肉屋に行き、何かよくわからない肉を目にしました。「何だろう」と思って、表示されている単語を調べたところ「ウサギ」とありました! 確かに耳の部分と、足の先に少し毛が残っています。

パエリアなどのスペイン料理にはウサギの肉(conejo)がよく使われています。スペイン方面へ旅行に行かれる方はぜひお試しを。
page top
年越しはブドウで
今日は大晦日です。

昨日(30日)真砂5丁目で市民ネットワークの政策宣伝をしました。その帰りに、生活クラブの真砂デポーに寄ったところ、立派なブドウを見つけました。青森産のスチューベンです。(→ スチューベン

ベネズエラでは年末に大量のブドウが売られていました。スペイン語圏の国々では、年越しの合図と同時に、ブドウを12個食べ、新しい年の幸運を祈ります。一気に食べられるように、串刺しのブドウも売り場に並んでいます。

買ったスチューベンを房から外し、串刺しにしてみました。
スチューベン


我が家の年越しはそばと甘いブドウです。
page top
点と点をつなげる年に
2015年になりました。

今年、我が家のお年玉袋はチーバくんです。
チーバくんのお年玉袋

チーバくんは千葉県のキャラクターですが、千葉市のキャラクターは? 以前、よく「ちはなちゃん」を見かけましたが、最近はあまり見かけません。

今朝、お雑煮(名古屋風です!)を作りながら、今年の抱負を考えました。

スティーブ・ジョブズ氏の有名なスピーチ「ハングリーであれ。愚か者であれ (Stay hungry, stay foolish)」の中に「点と点をつなげる」話がでてきます。(→ 日本経済新聞サイト

「将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。」

もともと「英語のリスニングに最適ですよ」と薦められたスピーチでしたが、この言葉に妙に納得してしまいました。私自身、これまで1つの仕事をコツコツ「線」のように続けておらず、いつも「点」ばかりだったので、ずっと中途半端な気持ちでいました。

でも、このスピーチを聴いて、「点をつくってきたのは自分、そして点をつなぎ合わせることができるのも自分」と思えるようになりました。

昨年から美浜区内を歩いていろいろな人に会っていますが、地域福祉の支援に意欲ある人、何とかしたいと考えている人がいる一方、身近な支援を求めている人、少しの手助けがあればここでずっと暮らせるのにと願っている人にも出会いました。

私自身の「点」と「点」をつなぎ合わせるのと同時に、地域の「点」と「点」をつなぎ合わせていくこと。今年の抱負です。
page top
甘くない黒豆と甘い米
今日で三箇日が終わり、明日から普段の生活に戻ります。

我が家のおせち料理、今年は準備する量が上手くいったようで、今日でほぼ食べ尽くしました。以前、黒豆が大量に余った年は、黒豆ケーキにしたり、ミキサーで黒豆ドリンクを作ったりと使い切るのに大変だったので、今年はやれやれといった気分です。

今年のおせち料理
おせち料理

ところで黒豆ですが、ベネズエラには塩味の「カラオタ・ネグラ」とよばれる料理があります。日本のおせち料理の黒豆を説明すると、「黒豆が甘いなんて…」との反応をされてしまいます。

その一方、ベネズエラには米をコンデンスミルクで煮る甘い甘い人気のデザートがあります。日本人の感覚では抵抗がありますが、食べ慣れると時々食べたくなります。(→ アロス コン レッチェ

米も豆も生活に身近な食材ですが、「所変われば品変わる」を実感しています。
page top
マイブームのキャットフード
昨日は人間のマイブームでしたが、(→ マイブームのスナック)ネコにもマイブームが登場しました。

我が家の飼いネコ(→千葉市議会の議事録に登場したネコ)のキャットフードを変えてみたところ、完食が続いています。生活クラブの真砂デポーで見つけたドライキャットフードです。

キャットフード

ニボシ味のほか、カツオ味、チキン味があります。

生活クラブといえば、食材(消費材)を組合員が参加して開発しています。ふと疑問に思ったのがキャットフードはどのように開発したのか? ということ。

通常の食材と同じように、組合員が試食した?!

のか

組合員の飼いネコに試してみた?!

いずれにせよ、ネコはキャットフードが食べたくて、人を見るたび擦り寄ってきます♪
page top
頑張れ受験生!
17日(土)、18日(日)は大学入試センター試験日です。受験生の娘も、朝から試験に出かけていきました。

 # 「かつ丼」ではなく、りんごを弁当のデザートにつけました。

インフルエンザが流行している時期の試験は大変です。家族も食べ物だけでなく、体調管理にまで気を遣わざるをえません。

受験生のみなさん、これまでの学習の成果を発揮できるよう、精一杯頑張れ!


娘が塾でサンタクロースからもらった「勝プヌードル」です。
勝プヌードル
page top
子育てする人たちの力になりたい
ニューヨークに住んでいたころ、子どもはまだ小さく毎日育児に追われていました。頼る親も親戚もない海外で、いろいろな人に助けてもらいながら子育てをしてきました。

その時、子育ての先輩から次のようなことを言われました。

「私も子育てのときはたくさんの人に助けてもらいました。でも、その人たちにお返しすることはできません。そこで、今子育てを頑張っている人たちのお手伝いをしようと考えました。あなたも私に返す必要はありません。次の世代の人たちの力になってください。」

帰国後すぐ高洲で生活を始めました。千葉市のことは右も左もわからない状態でしたが、生活が落ち着いたころ、市民ネットワークみはまで「みはま子育てまっぷ」をつくるプロジェクトに加わりました。さらに、私自身が保育所に子どもを入れる際に集めた情報を伝えたいと「保育所入所についての集い」を毎年11月に開きました。

「次に子育てをする人たちの力になりたい」との想いで活動を始めてから12年が経ちました。今もその気持ちは変わりません。

子育てを頑張っている人たちの声を市政に届けたい、身近な生活から市の政治を変えていきたい、と決意を新たにしています。
page top
仕事と子育ての両立について
育休明けに職場復帰しました。(→ 保育所入所の課題 参照)

無事保育所に入れたと安心したのもつかの間、頼れる親が近くにいなかったので、何とか夫婦で子育てをしました。朝の送りは夫、夕方のお迎えは私と分担し、夕方残業ができない分、朝早く出勤して仕事を片付けていました。

でも、子どもはすぐに病気になります。特に集団保育を始めた最初の年は頻繁に風邪をひきます。

通常37度以上の熱があると、保育所では預かってもらえません。また、日中熱が出ると「お迎えにきてください」と呼び出されてしまいます。お迎えコールは毎回ドキドキです。私たちはその時点で仕事の都合がつく方が駆けつけるようにしていました。

しかし新たな困難に直面します。夫の単身赴任が決まり、私1人で子育てをすることになってしまいました。これは正直大変でした。保育所の送迎も、お迎えコールも、家のあれこれもすべてこなさなければなりません。

この時期いつも

「今日も無事仕事へ行くことができた。明日も子どもが保育所へ行き、私は仕事へ行けますように」

と祈りながら眠りについたことを覚えています。

そして今でも、

シングルマザー、シングルファーザーの一人親家庭はどれほど大変な思いをして子育てしているか。
近くに頼る人がいない子育て世代は、親自身、また子どもが病気のときにどう乗り切ればよいのか。

などと考えてしまいます。 

私自身、暮らしから感じたことを市政に届けながら、市民活動に関わることによって、仕事と子育てが両立できる仕組みをつくりたいと思っています。 → 仕事と保育の場をつくります!

page top
足元から平和を創りたい
磯辺にお住まいの方から新聞記事のコピーを頂きました。2014年7月の記事です。

作家・作詞家のなかにし礼さんの詩「平和の申し子たちへ! 泣きながら抵抗を始めよう」が載っています。昨年7月1日、集団的自衛権の行使容認が閣議決定された時に書かれた詩です。 

なかにしさん自身、当初は「今回の閣議決定で一番影響を受けるのは若者たち。だから、目覚めよ、生まれ変わって抵抗を始めよう」と呼びかける内容の詩にする予定だったそうです。

ところが、「戦争を知らず、平和を満喫してきた世代こそが平和を守ることができる。戦争体験者は、戦争なんか無理と思う若者がいることを心強く思う」とひらめき、説教めいたメッセージを削ったそうです。

なかにしさん朗読の詩をお聞きください。(2分すぎから朗読がスタートします)



この詩にとても心を動かされました。

第二次世界大戦の終結から70年。戦争体験者が少なくなる中で、思想信条の枠を超えて、悲惨な体験を次の世代に伝えたいと声をあげる動きが相次いでいます。各地で活動する「9条の会」もその1つです。

国と国とが国益をめぐって反発し合っても、市井の人同士が反発しているわけではありません。日本人は世界各国の料理を食べ、異文化を楽しみながら日々暮らしています。個人レベルでは平和を志向しています。

・ 明日食べるもののことを心配しなくてもよい平和
・ 一週間先に自分は生きていられるかと考えなくてもよい平和
・ 安心してまちを歩ける平和
・ 学校教育を受ける権利が保障されている平和
など

海外では当たり前でないことが、今の日本では実現できています。先人の努力の賜物です。

足元から平和を創ることによって、それぞれの地域・自治体・国・世界で広く平和を実現させたい。
私自身も、微力ながら努力を積み重ねていきたいと考えています。
page top
「官報」に名前が載りました
「官報」をご存知でしょうか?  法律、制令、条約などの公布をしたり、国の機関の報告・資料を公表したりする広報紙です。法令の規定に基づく公告も掲載されており、いわば「国が発行する機関紙」です。

2月5日(木)朝、千葉県庁近くで当日分の官報(号外)を購入しました。県警本部、裁判所、市民ネットワーク千葉県の事務所のすぐそばです。→千葉県官報販売所

そして、恐る恐るページをめくったところ、私の名前が目に飛び込んできました。

官報紙面

平成26年度通訳案内士試験合格者氏名が公示されたのです。昨年、二次試験(口述)で落ちてしまったので、この1年間は意識的に英語に触れるようにしていました。当日は上手く喋れなかったのですが、それでも面接官には何とか通じていたようです。 → 試験の様子

千葉市には農業地域、工業地帯、情報産業、海辺など魅力的な場所がたくさんあります。外国からのお客さんに千葉市が持つ魅力をアピールし、日本の普通の暮らしを体験してもらうと同時に、千葉市の活性化に貢献できればと考えています。

 # 個人的には房総太巻き寿司で外国人をあっといわせたい!
page top
TOEICの点数を上げる方法を伝授します!
2013年11月のTOEICテストで スコア 970 を取得しました。リスニングが 490  リーディングが 480 です。

TOEICのスコア

TOEICを受けたのは、これが初めてだったのですが、その前に「受検対策」をしました。

1 過去のテストを解いてみる
娘の本棚に過去問2回分の本があったので、一通りやってみました。問題が長くて、途中で飽きてしまいそうだったので、歯科医院の待ち時間(予約なしでとても待たされる歯科でした)を利用して解きました。

2 答えあわせをして、どこを間違えたのかを検証する
一通りやってみた結果は、7割くらいの出来でした。間違いを見直したところ、最後の2つの選択肢でどちらか迷って、誤答を選んでしまったことがわかりました。

3 TOEICの出題者の意図を書いた本(日本語)を読む
タイトルは忘れてしまったのですが、近くの図書館で借りて読みました。

例えば、こんな問題があります。

説明) 冷蔵庫が故障してしまいました。来週水曜日に修理に来ると電話連絡がありました。
問い) 次の中でもっともふさわしい答えは?

答え) 1 洗濯機が故障した  2 木曜日に修理にくる  3 冷蔵庫の修理を依頼した  4 メールでの連絡ではない

1と2は明らかに違うことがわかります。問題は3と4です。3が正しいような気がしますが、「修理を依頼した」ことはどこにも書かれていません。そして、4は「電話連絡」となっているので、明らかにメールでの連絡ではありません。

この場合の正解は  4 メールでの連絡ではない  になります。

リスニングでは「冷蔵庫」「故障」「修理」などのキーワードに注意が向けられてしまいますが、実は瑣末なことを聞いている場合が多いのです。英語の実力というよりも、ひっかからなければ点数が上げられるようです。


リスニング対策などはいろいろあるのですが、またの機会に・・・

個人的な話で恐縮ですが、どなたかの参考になれば幸いです。

page top
格差の大きい国で学んだこと
2010年から滞在したベネズエラはとても格差が大きい社会でした。

空港には富裕層の人たちのプライベートジェット機が並び、(郊外ではなく)住宅街の真ん中にゴルフコースがあり、その周辺には立派なお屋敷が建っています。

一方、空港周辺から都心にいたるまで、貧困層の人たちの住まいが山肌に沿ってびっしりと並び、水道もない劣悪な生活や治安状況が目の前にありました。

このような社会では、お金があれば、幸せに暮らせるでしょうか?

答えは「いいえ」でした。

お金があれば、常に狙われます。命と引き換えに金銭を要求する犯罪も多発しています。お屋敷には監視カメラがつき、有刺鉄線がはりめぐらされ、鉄格子の玄関が複数つくられ、警備員が配置されています。

これだけセキュリティがしっかりしていても、戸建ては治安面の不安が大きいため、日本人の多くは集合住宅に住んでいました。それでも、警備員を買収して建物に侵入し、日本人夫婦を縛り上げて金銭を要求する事件もありました。

格差のある社会は、結局、社会全体が不安定になります。

「自分さえお金があれば」といったレベルの話ではないのです。セキュリティにどれだけお金をつぎこんでも、100%の安全は確保されないのです。

市民ネットワークでは、「STOP! 格差社会」を訴えています。→ 市民ネットワークちば 政策集

政策集の表紙にも、ロゴマークをつけました。
市民ネットワークちば 政策集表紙

安心・安全なくらしを実現するには、格差のない社会をつくることが大切であること。

格差の大きい国で学びました。

page top
門出を祝う卒業式と悲しい卒業式
娘の高校の卒業式に行ってきました。

入口に飾られていた花束

卒業式の花


これまでの学校生活を振り返りつつ、前途ある若者たちの門出を祝う式でした。

  # 親もPTA活動などで楽しく3年間過ごすことが出来ました。PTAの同窓会にも早速入会してしまいました…


しかし、盲学校(高等部)で教員をしていたころの卒業式は、悲しい卒業式でした。

もちろん、進学先や就職先が決まって、門出を祝うことができる生徒もいます。

卒業後の行き先が決まらなかった生徒、卒業後に家族と別れて自宅から離れた施設に入る生徒・・・  そこにいる生徒を指導することはできても、一教員の立場では、生徒の将来をどうすることもできませんでした。

卒業後の居場所をつくろうと、親の会が何年も活動を続けていました。しかし、関係者だけでなく、誰もが社会の中で受け入れられるような仕組みをつくらなければ、悲しい卒業式が毎年繰り返されてしまいます。

こんな卒業式もあることをぜひ知っていただきたいと思います。

page top
英検1級に合格する方法を伝授します!
2012年7月、英検1級に合格しました。

英検1級合格証

ベネズエラ滞在中の2011年6月、子どもの高校受験にスコアが必要とのことで、ニューヨークまで英検を受けにいきました。その際、付き添いで待っているだけでなく、同じ時間帯に英検1級を受けることにしました。

問題集が買えなかったため、事前対策はほとんどできなかったのですが、一次試験(筆記)を通過し、二次試験(面接)は帰国後、日本で受けました。


英検1級ですが、TOEICに比べて かなり手ごわい です。 → TOEICの点数を上げる方法を伝授します!

TOEICについては、練習問題をやればやるほど点数が上がりますが、英検については、問題集をやる前に、総合的な英語力、文章読解力をつける必要があると感じました。


1 あらゆる分野の文章に慣れる必要がある
後半の大部分が長文読解ですが、いろいろな話題が出てきます。受検したときは「助産師と産婦人科医の歴史的役割」といった問題もありました。日本語で読んだとしても難しい内容もあり、TOEICに出てくる「日常会話」「ビジネス会話」では太刀打ちできません。

しかし、日本語である程度の知識があれば、細かい単語がわからなくても内容を推測できます。

日頃から日本語、英語問わずいろいろな分野の文章に親しんでおく必要がありそうです。


2  辞書をひいたときに、3番目や4番目に出てくる意味を確認する 
単語を選ぶ問題が最初にありますが、どの単語も非常に難しく、これまで見たことがない単語も並んでいます。辞書をひいたときに、3番目、4番目あたりに出てくる意味で問いかけをしているものがほとんどです。

1つの意味を確認するだけではなく、辞書の下の方にも目配りする必要がありそうです。


3  日本の教材(NHKワールド、Japan Times)などで勉強する
TOEICには日本語が登場しませんが、英検は英作文を含め、「日本語と英語」が必要とされます。海外作品やニューヨークタイムズなどの教材ではなく、日本でつくられている英語の教材をつかったほうが効率的です。

© 千葉市議会議員 松井かよ子のあれこれみはま(美浜区). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG